小皿

アーカイブ:2016年07月

2016/7/6(水)

小皿

益子焼の代表的な釉薬のひとつである糠青磁(ぬかせいじ)がかかっています。あえて生地が見えるように釉薬をかけていますので、土のやさしさを感じられます。同じデザインで茶色の柿釉(かきゆう)もあります。 ...

詳しく見る

2016/7/6(水)

小皿 柿釉

益子焼の代表的な釉薬のひとつである柿釉がかかっています。あえて生地が見えるように釉薬をかけていますので、土のやさしさを感じられます。同じデザインで水色の糠青磁(ぬかせいじ)もあります。  ...

詳しく見る

2016/7/6(水)

飯碗(小)糠青磁

益子焼の代表的な釉薬のひとつである糠青磁(ぬかせいじ)がかかっています。デザインは現代的で使いやすいお碗です。同じデザインの大サイズ、柿釉(かきゆう)のかかった茶色のお碗も大、小あります。 &nbs...

詳しく見る

2016/7/6(水)

飯碗(小)柿釉

益子焼の代表的な釉薬のひとつである柿釉(かきゆう)がかかっています。デザインは現代的で使いやすいお碗です。同じデザインの大サイズ、糠青磁(ぬかせいじ)のかかった水色のお碗も大、小あります。 &nbs...

詳しく見る

2016/7/6(水)

飯碗(大)糖青磁

益子焼の代表的な釉薬のひとつである糠青磁(ぬかせいじ)がかかっています。デザインは現代的で使いやすいお碗です。同じデザインの小サイズ、柿釉(かきゆう)のかかった茶色のお碗も大、小あります。 &nbs...

詳しく見る

2016/7/6(水)

飯碗(大)柿釉

益子焼の代表的な釉薬のひとつである柿釉(かきゆう)がかかっています。デザインは現代的で使いやすいお碗です。同じデザインの小サイズ、糠青磁(ぬかせいじ)のかかった水色のお碗も大、小あります。 &nbs...

詳しく見る

2016/7/18(月)

赤絵抱瓶

抱瓶(だちびん)は本来酒を入れて腰に下げて持ち歩くための容器です。体にフィットするように変わった形をしており、ぶら下げるための紐がついています。文様の赤絵は2度焼きをするので、手間がかかります。窯によ...

詳しく見る

2016/7/18(月)

中ハリ獅子

昔ながらの伝統的な色使いのシーサーです。成型は型を使っています。壺屋焼のシーサーはその独特の見た目から、近年外国人からも人気を集めています。   ※商品は一点一点風合いが異なりますが、手...

詳しく見る

2016/7/18(月)

手捻り親子玉乗シーサー

手びねりによって作られた1点物です。シーサーは沖縄の伝統的な魔除けとして有名ですが、玉乗りシーサーは財産や大切なものを守ってくれるそうです。...

詳しく見る