伝統工芸 青山スクエア
青山スクエアブログ
2015/9/12(土)産地訪問レポート

温泉土産こけしのお祭り

 東北の温泉土産として親しまれているこけし。皆さんのお宅にも一体や二体あるのではないでしょうか?そんなこけしが主役のお祭りを見に行ってきました。

 宮城県仙台市から電車で約1時間半の山の中に鳴子温泉郷があります。いわゆる温泉リゾートではなく、素朴な湯治場といった雰囲気の温泉街です。東北地方の各地で作られるこけしのうち、鳴子系と呼ばれるこけしが作られている産地です。

IMG_9004

 こけし工人(こけしを作る職人さんは工人(こうじん)と呼ばれます)が約80人いるという鳴子の町を歩けば、すぐにこけし店、こけし工房を見つけることができます。こけしだけでなく、独楽や笛などの木地玩具、こけしモチーフの雑貨なども取り扱っています。

IMG_9002

町の中にはこけし店がたくさん

 そんな鳴子にはこけしの博物館「日本こけし館」があります。ここには、鳴子系をはじめ11系統あるといわれるあらゆる種類のこけしが展示され、どの産地で作られるこけしがどんな形なのかが分かりやすく説明されています。愛好家の方たちから寄贈された貴重なこけしがたくさんあるので、おおよそ1年ごとに展示内容を入れ替えているそうです。館内では制作実演が行われ、こけしの絵付け体験もできます。

IMG_9022

日本こけし館内

IMG_9026

古いろくろ。一人が輪を交互に引きろくろを回し、もう一人が木を削る。

 

 さて、わたしが今回目的としていたこけし祭りは3日間にわたって開かれます。初日はこけし神社の境内で供養祭があります。全国から送られたり持ち込まれたりした、役目を終えたこけしたちが、多くの人が見守る中供養されました。

IMG_9043

IMG_9062 こけし供養祭

 2日目からは、鳴子小学校体育館でこけしの即売会や制作実演、座談会などが行われ、盛り上がりを見せます。

IMG_9076

こけしの即売会、実演などが行われているメイン会場

IMG_9073

足踏みでろくろを回しながらこけしを作る実演。足を動かしつつ手はブレずに木材を削るのはすごい技です。

 中でも座談会は大盛況でした。こけし工人さんや、識者の方たちがこけしの歴史や、こけし作りのエピソードについて語ります。現在、第三次こけしブームが来ていると巷で言われていますが、たしかに、こけし女子と思しき若い女性が結構いらしていたのが印象的でした。

IMG_9093

こけし祭りの歴史について語ります。全国こけし祭り第40回開催記念誌を発行するに当たっては資料が少なく苦労したそう。

 2日目の夜にはこけし祭り最大のイベント「フェスティバルパレード」が行われました。鳴子のメインストリートを、はりこのこけしや盆踊りを踊る婦人会の方々、こども神輿などが通っていきます。はりこのこけし、かなりシュールなんですが、完成度は高いです。こけし工人さんたちが絵付けしているのでしょうか。

IMG_9130

こけし模様の浴衣で踊るこけし音頭

IMG_9122

 こけし祭りは年に一度の行事ですが、鳴子はそれ以外の時期に行ってもとても魅力的な場所です。温泉は種類が豊富ですし、10月から11月にかけては、鳴子峡で美しい紅葉が見られます。町中でいろんなこけしが迎えてくれますよ。

IMG_9039

こけし電話ボックス

IMG_8992

駅を始め町中には足湯、手湯があります

鳴子温泉に行ってみたくなったらリンクをチェック!鳴子温泉郷観光協会 日本こけし館 全国こけし祭り