青山スクエアブログ

カテゴリー:商品情報

2018/6/28(木)商品情報

木の文化を食卓から支える大館曲げわっぱ

大館曲げわっぱは、今でも人気の高い秋田県の伝統的工芸品です。   きこりが杉柾で曲げ物の器を作ったことが始まりとされており、 17世紀後半には藩の奨励によって下級武士の内職として発展し...

詳しく見る

2018/6/11(月)商品情報

加飾技術が豊富。人の目を惹きつける会津塗

会津塗は福島県の会津若松市を中心とする土地で作られている伝統的工芸品です。 日用漆器を多く作っており、早い段階から海外への輸出もしていました。   製作工程は木地作り、下地作り、上...

詳しく見る

2018/3/19(月)商品情報

力強い風貌~伊賀焼のヘラ

青山スクエアの一角には陶磁器が並んだ場所があります。   その中で力強い存在感を醸し出しているのが伊賀焼です。     武骨な感じがするのに、 繊細さ...

詳しく見る

2018/3/8(木)商品情報

五月人形in青山スクエア

桃の節句が終わり、そろそろ一週間が経とうとしている今日、 青山スクエア中央ステージでは五月人形の展示が始まりました。   まだまだカブトや甲冑は少ないですが、小物は既に揃ってきてい...

詳しく見る

2017/12/28(木)商品情報

輪島塗の深化~堅牢なる漆器

輪島塗は石川県の伝統的工芸品の一つです。   諸説ありますが、室町時代に作られたと言われる「朱塗扉(しゅぬりとびら)」が、輪島塗の中でも一番古いものだと言われています。 ※朱塗扉は輪島...

詳しく見る

2017/11/28(火)商品情報

庶民に愛される強固な甲州印伝

山梨県の伝統的工芸品の一つ甲州印伝は、江戸時代後期に書かれたと言われている「東海道中膝栗毛」の中にも、「旅人が腰に印伝の巾着をつけて~」というくだりがあり、その時代から庶民に使われていました。 &n...

詳しく見る

2017/9/14(木)商品情報

青山スクエアに書院造ができました

青山スクエアの匠コーナーの一角に、 書院造ができました。     書院造というのは、茶室の前身となったもので、 平安時代には既にあったことが知られています。 &...

詳しく見る

2017/6/20(火)商品情報

武士の内職で広まった駿河竹千筋細工

江戸時代初期、参勤交代が行われていた時に、地方の諸大名の目に留まったのが駿河竹千筋細工です。 その頃からカゴやザルが作られていました。     駿河地区に住む武士たちは、内...

詳しく見る

2017/5/18(木)商品情報

力強くあり続ける独特な壺屋焼

  沖縄県には、300年ほど昔から作り続けられている陶磁器があります。   現在は伝統的工芸品にも指定されている壺屋焼です。 15世紀から作られているものの、産地が形成され...

詳しく見る

2017/4/21(金)商品情報

4月の青山スクエア

4月も後半になり、まもなくGWです。   GWも青山スクエアではたくさんの実演や体験を行っていますので、 ぜひ遊びに来てください。   先日、新潟漆器の方が青山スクエアに...

詳しく見る