伝統的工芸品ニュース

伝統的工芸品ニュース

アーカイブ:2018年07月

2018/7/30ニュース

人間国宝3代「伝統とは姿勢」 江戸小紋の作り手、小宮康正さん

 文化審議会は型染めの「江戸小紋」の重要無形文化財保持者(人間国宝)に東京都葛飾区の小宮康正さんを選んだ。亡くなった祖父も父も人間国宝。3代での認定は初めて。

詳しく見る

2018/7/30イベント

カラフル幾何学模様、職人技の陶器ずらり 京都で展示販売

 京都の職人が作った焼き物などを展示販売する「七本松陶器市」が27日、京都市下京区の京都リサーチパーク(KRP)で始まった。現代的なデザインの食器やアクセサリーが並び、来場者がお気に入りの品を買い求めていた。
 KRPは、新たな事業やライフスタイルの創出を目指す約60の催しを集めた「KRP-WEEK」を30日から1週間開く。陶器市はそのプレイベントとして開催され、主に京都の職人や作家が35店を出した。
 会場では、カラフルな幾何学模様の器や、愛らしい動物を絵付けした湯飲みのほか、西陣織金襴の織元が作った小物入れなどを販売。職人による手拭い染めの実演とワークショップもあり、買い物客が足を止めて見入っていた。

詳しく見る

2018/7/30伝統的工芸品

木曽漆器、塗り重ね光沢あめ色 中津川で作業最盛期

 箸、しゃもじ、おわん、お盆-。古くから木曽路を行き交う旅人たちの土産物として愛されてきた木曽漆器。白木の表面に天然漆を塗り重ねて耐久性を高める。木工業が盛んな裏木曽の岐阜県中津川市にも漆職人は多く、同市駒場の大藏漆器店では梅雨時から夏場にかけての湿気の多い時季、漆塗りの作業が最盛期を迎える。
 漆器の中で、最も手軽で人気があるのが木曽桧の漆箸だ。同店2代目の大藏正幸さん(65)は、漆塗りで「朱合(しゅあい)漆」と呼ばれる漆をこだわって使う。塗り始めは「生(き)漆」を下地に塗るのが一般的というが「つやが出ない。漆が割高でも最初から朱合をべた塗りする」と大藏さん。

詳しく見る

2018/7/27伝統的工芸品

越前焼に 腰掛けて 越前町・陶芸公園 椅子12個設置 自然釉の風合い 焼き物触れる場に

 本物の焼き物に触れて楽しめる公園づくりを進めようと、福井県は越前町小曽原の越前陶芸公園や県陶芸館前に越前焼で制作した椅子を設置した。越前焼独特の土の風合いと自然釉が美しい逸品。今後、公園内で体感できるさまざまな仕組みを設け、越前焼のファンを増やしていく方針だ。
 越前陶芸村の公園内には以前、休憩スペースに木製の一人掛けの椅子があったが老朽化していた。県陶芸館や公園を指定管理するアクティオ(本社東京)が新調を企画。園内に越前焼のオブジェはあるものの、実際に触れて体感できる仕組みが少なかったことから、陶製の椅子に入れ替えていくことになった。
 県内の越前焼作家でつくる「ふくい『陶』ネットワーク」に制作を依頼。メンバー8人が昨夏から作業を進めてきた。石こうで巨大なお椀状の型を作り、その上で粘土をたたいて延ばしていく成形法を導入。直径約50センチのきれいな球状に仕上げた。
 14個を作り上げ、5月末に県工業技術センター窯業指導分所横にある薪窯「越前窯」で焼き上げた。2個は一部割れてしまったが、12個は無事完成。6月末に公園内で越前焼のタイルが敷かれたゾーンと、県陶芸館入り口付近の芝生の上に6個ずつ設置した。

詳しく見る

2018/7/27イベント

石州和紙のうちわアート展

 県西部に伝わる伝統工芸品の石州和紙で作られたうちわに、思い思いの絵や文字を描いた「うちわアート」の作品展が浜田市で開かれています。
 これは、国の「伝統的工芸品」に指定されている石州和紙をもっと身近に感じてもらおうと、浜田市立石正美術館や石州和紙協同組合などでつくる実行委員会が毎年、開いています。
 ことしは浜田市のほか広島県福山市や秋田県横手市などから、481点の作品が応募されました。
 作品展の会場のひとつ、「アクアみすみ」には、石州和紙を張った「うちわ」に思い思いの絵や文字を描いた作品がずらりと並びました。
 このなかには黄色や緑色などのフェルトを貼り合わせて、ヒマワリやアジサイの花を立体的に表現した作品や、亀やクジラなどたくさんの生き物が泳ぐ真っ青な海を楽しそうに描いた小学1年生の作品も展示されています。
 訪れた子どもたちは、和紙の柔らかい質感と素朴な絵や文字が織りなすアートを、じっくりと楽しんでいました。
 「うちわアート」の作品展は、浜田市三隅町の「アクアみすみ」と石州和紙会館の2か所で9月2日まで開かれています。

詳しく見る

2018/7/27イベント

京都で日本酒と和菓子のマリアージュ 京都BALと京都市の共催イベントで提供

 ファッションビルの「京都BAL」(京都市中京)と京都市が8月11日・12日、「伝統文化に出会えるショッピング体験」をテーマにしたイベント「KYOTO PARADOX」を開催する。
 伝統文化の魅力をファッションの視点で発信したり、伝統産業に携わる若手とのコラボレーションを通じて伝えたりする同イベント。2017年に始まり、今回で4回目となる。
 会場には、京都の老舗和菓子店の焼き菓子や干菓子、まんじゅうなどに合った日本酒の組み合わせを提案する「KYOTO PARADOX BAR」も。組み合わせは酵母の研究を行う京都市産業技術研究所のバイオ研究員が担当。京焼や清水焼のおちょこで無料で提供する。各日13時と16時の2回で、なくなり次第終了。

詳しく見る

2018/7/27イベント

歌舞伎と伝統工芸の魅力が味わえる「歌舞伎と手仕事 第2弾」

 公益財団法人東京都中小企業振興公社と歌舞伎座サービス株式会社は、昨年も大盛況だった「歌舞伎と手仕事 第2弾」を歌舞伎座タワー『花籠』にて8月3日(金)・4日(土)・5日(日)に開催いたします。

 歌舞伎俳優の舞台とは違ったトークを楽しむことができ、小道具や衣裳の裏話などが聞ける内容が盛りだくさんのイベントとなっております。今回は更に、市川右團次さんと篠原ともえさんのご参加も決定しており会場を盛上げていただきます。

■「歌舞伎と手仕事」とは
 日本の伝統文化の一つでもあり、年々人気を増している「歌舞伎」と、熟練した技術によって手作業で生み出される「伝統工芸品」を間近で味わえるイベントです。舞台に立つ歌舞伎俳優とは違ったトークを聞くことができたり、小道具や衣裳の知られざる意味が知ることができます。更に、職人さん達の繊細で巧みな実演が見ることができ、特別価格にて商品のご購入もできるイベントとなっております。

【イベント概要】
会期 :平成30年8月3日(金)・4日(土)・5日(日)
(二部完全入替制、各回2時間30分)
一部 11:30~14:00
二部 18:30~21:00
※4日・5日の二部は、「17:30~20:00」となります。

会場 :歌舞伎座タワー3階『花篭』
入場料:お一人様一部 4,500円(税込)※お弁当・お茶付き
定員 :一部あたり先着80名
登壇者:市川右團次・篠原ともえ・中村橋吾・邦楽囃子望月流/望月太左衛・三笑亭夢丸・春風亭三朝・林家たけ平・藤浪小道具株式会社/近藤真理子・松竹衣裳株式会社 代表取締役社長 海老沢孝裕

詳しく見る

2018/7/26商品

『名探偵コナン』のデザインプレート(全7種)と【熊野化粧筆】チークブラシ(全4種)の新規受注、メイクポーチの再販を開始!!

 「AMNIBUS」にて『名探偵コナン』のアイテム3種の受注を開始いたします。
 株式会社アルマビアンカはオリジナルグッズを展開する通販サイト、「AMNIBUS」にて『名探偵コナン』の商品3種の受注を開始いたします。
 株式会社アルマビアンカ(本社:東京都杉並区、代表取締役:坂井智成)は「日常でも使用できる」をコンセプトにしたオリジナルグッズを展開する通販サイト、「AMNIBUS」にて『名探偵コナン』のアイテムの受注を7月25日(水)より開始いたしました。

詳しく見る

2018/7/26商品

日本の伝統工芸「信楽焼」とトトロがコラボ!

 職人が1点1点作ります。大量生産にはないあたたかみを感じられる逸品。
 滋賀県信楽町で作られる日本の伝統工芸“信楽焼”とジブリ映画『となりのトトロ』がコラボレーション。置き物、フリーカップ、箸置きなど優しい表情のアイテムをヴィレッジヴァンガードオンライストアにて2018年7月25日より取扱い開始。

詳しく見る

2018/7/24イベント

砥部焼陶芸館が松山の小学生へ出張授業 絵付けコンクールの作品制作指導

 地場産業や物づくりの楽しさに触れてもらおうと、愛媛県砥部町宮内の砥部焼陶芸館が21日、砥部焼の絵付けコンクールを始めた。8月10日まで、子どもたちが手掛けた世界に一つの作品を募集している。

詳しく見る