伝統的工芸品ニュース

カテゴリー:イベント

2018/11/9イベント

鋳物の神に感謝と祈り 高岡・有礒正八幡宮 「ふいご祭り」敷瓦鋳造

 鋳物の神に感謝と祈りをささげる「ふいご祭」が8日、高岡市横田町の有礒正八幡宮で行われ、高岡銅器の職人が木製の送風機「鞴(ふいご)」を使った昔ながらの方法で鋳造式に臨み、波模様の敷瓦を作った。
 鋳造式では、高岡銅合金協同組合(高田和喜理事長)の職人ら4人が鞴を手で動かして炉に風を送り込み、約1200度まで加熱。炉から溶けた銅合金を取り出して型に流し込み、敷瓦3枚を鋳造した。敷瓦は来年の神事で奉納する。
 会場では大勢の見物客が作業を見守った。地元の西条小学校3年生43人も見学に訪れ、佐賀遥斗君は「炎が迫力あった。あんなに燃えるのは初めて見た」と目を丸くした。
 式に先立って行われた神事には、金属加工の関係者ら約60人が出席。事業の繁栄を祈り、昨年鋳造した勾玉(まがたま)と玉串をささげた。高田理事長は「多くの人に高岡銅器について知ってもらい、業界を盛り上げていきたい」と話した。
 鋳物師(いもじ)の祖神「石凝姥神(いしごりどめのかみ)」が祭られている同八幡宮は、毎年11月8日に同祭を行っている。鋳造式は高岡鋳物発祥の地、金屋町が開町400年を迎えた2011年に復活した。

詳しく見る

2018/11/8イベント

職人の仕事、間近で感じて 岩手県南で工房見学イベント

 岩手県の県南地域で9~11日、工場や工房を訪れ、ふだん見ることのできない職人の仕事ぶりに触れられる「オープンファクトリー 五感市」が開かれる。伝統工芸品の南部鉄器や岩谷堂箪笥(たんす)など26カ所を原則として無料で見学できる。
 県や一般社団法人世界遺産平泉・一関DMOなどでつくる実行委員会の主催。一関市、奥州市、平泉町にある日本酒や染め物、和菓子、しょうゆ、漆器、呉服、ワイナリーなどの工場や工房を自由に見学できる。
 ただ、鉄器の鋳型づくりや小たんすづくり、漆塗り、藍染めなどの体験は有料で予約が必要。若手職人が案内するバスツアー(有料)もある。
 オープンファクトリーは来場者との交流で職人は新たな気付きを得られ、消費者は楽しみながらモノづくりの価値を知ることができるイベントとして広まりつつある。実行委の蜂谷淳平委員長は「魅力的な企業があることを地元の人に知ってほしい。地域全体の活性化につなげたい」と話す。3日間で1万人の来場を目指している。

詳しく見る

2018/11/6イベント

京町家を内側から照らす「都ライト」 西陣の住民によるツアーも

 京町家のライトアップ企画「都ライト」が11月9日から始まる。
 照明を外側から当てるのではなく、住居を含む町家や工場の内側にライトを設置して、「暮らしの明かり」に見立てるのが特徴の同企画。学生らで作る同実行委委員が地域の行事に参加するなどして地域に理解を得ながら準備を進めてきた。
 会場は、西陣織の工房が今でも多い浄福寺通大黒町や五花街の一つ上七軒(かみしちけん)通、新しい住人も多い五辻通、六軒町通、上立売通の3カ所。それぞれ通りの特徴に合わせて「つくる」、「みせる」「いきかう」というテーマの明かりを設置する。
 期間中、町家の見学や老舗和菓子店「老松」のコラボ和菓子を用意した即席茶会(500円)のほか、11日は映画「古都」(1963年)の鑑賞とそのロケ地となった手織工場を見学できる「西陣シネマ」(11日のみ、ウエルカムドリンク付き、2,400円、要予約)を行う。地元の人や地元の行事などに参加してきた実行委員が案内する「都ライト地域ツアー」も行う。
 担当者は「都ライトは住民の方と一緒に作る地域密着のイベント。京町家と底に根付く暮らしや文化を感じてもらえたら」としている。
 開催時間は会場ごとに異なる。撮影に三脚を使う場合は要申し込み。今月11日まで。

詳しく見る

2018/11/5イベント

越前焼資料3万点一挙 水野コレクションの変遷迫る

 福井県越前町の越前陶芸村に昨秋オープンした越前古窯博物館の開館1周年を記念したイベントが11月3日から、同館などで開かれている。館内に収蔵されている3万点超に及ぶ陶磁器資料群「水野コレクション」が初めて一堂に公開され、全容が紹介される。越前焼が日本六古窯に数えられ日本遺産にも選ばれる原動力となった資料だけに、陶磁器ファンの注目を集めそうだ。25日まで。
 同館は越前焼の歴史や魅力を茶の文化と融合して研究、発信する施設として県が整備し、昨年10月28日に開館した。展示や研究の中核となる水野コレクションは、昭和期の越前焼研究の第一人者、故水野九右衛門氏(1921~89年)が収集した古代~近世の大甕(がめ)、壺(つぼ)などの陶器や陶片が中心。越前の焼き物生産の変遷を物語る重要な資料として、国の登録有形文化財にも指定されている。
 今回のイベントは越前焼の魅力をさらに広く知ってもらおうと県が企画。敷地内の施設の一つとして水野氏の自宅古民家を同町熊谷から移築、再生させた「旧水野家住宅」をメインの展示スペースとした。丹生山地の伝統的な木造家屋の趣ある和室に、素朴な風合いの江戸期の壺や甕などが並べられた光景は見応え十分。その他、常設展示スペースなども含め館内全体で3万点以上の陶磁器資料を見学できる。
 越前焼の歴史を語る上で欠かせない窯跡群や伝統技法ねじたて成形についても、写真パネルなどで紹介している。
 期間中の毎週土日に午前10時からと午後2時からの2回、普段入ることのできない資料館のバックヤード見学ツアーも実施。水野氏が収集し、窯跡別に分類された約600箱分の陶片が収蔵されている空間を学芸員が案内し、一部の陶片に触れることもできる。予約不要。

詳しく見る

2018/11/5イベント

奇祭「狸の腹鼓大会」自慢のお腹で6連覇達成 滋賀・信楽の美容師

 信楽焼を代表する名物のタヌキにちなんで、腹をたたいて音の立派さを競う第9回「全国狸の腹鼓大会」が4日、滋賀県甲賀市信楽町長野の新宮神社で行われた。出場者らはタヌキをモチーフにした仮装姿で、自慢の腹鼓を境内に響かせていた。
 石川県や大阪府など県内外から12組16人が参加。腹鼓の音量と音色、会場を盛り上げるパフォーマンス度などを競った。
 今年の優勝は地元の美容師、奥田勉さんで、今回で6回目の栄冠となる。演奏とともに手品を披露し、ひときわ会場を湧かせた大阪市中央区のマジシャン、佐々木泰さんは惜しくも準優勝。佐々木さんは「お客さんが盛り上がってくれてうれしい。来年はパフォーマンスをさらに磨き、優勝を目指す」と話した。

詳しく見る

2018/11/1イベント

JAL、東北応援プロジェクトの一環で岩手県のアンテナショップ「いわて☆銀河プラザ」を応援

 JAL(日本航空)は10月25日、東北応援プロジェクト「行こう!東北へ」の取り組みの一つとして、東京・銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて☆銀河プラザ」で店頭のサポート活動を実施した。
 この活動はJALの社員が直接顧客に感謝の気持ちを伝える取り組みである「がんばるJAL大作戦」の一環でもあり、大川順子副会長をはじめ、岩手県出身のCA(客室乗務員)など多くのスタッフが利用者と交流しながら、開業20周年イベントでにぎわう店頭でチラシの配布やくじ引き大会の手伝いなどを行なった。

詳しく見る

2018/11/1イベント

全国の焼き物 一堂に 姫路で「陶器市」開幕

 全国30以上の産地から陶器を集めた「全国陶器市」が31日、姫路市本町の大手前公園で開幕した。会場では茶碗(ちゃわん)や湯呑み、小皿などの手頃な価格の商品から花器や絵皿といった高級品まで幅広く販売。朝から多くの来場者が詰めかけ、お目当ての陶器を購入した。
 今年で31回目の恒例イベント。会場には約60の出店ブースが並び、唐津焼(佐賀県)や万古焼(三重県)などの人気ブースには長蛇の列ができた。また、「寿」をテーマにした出店業者の作品を一堂に展示し、来場者がお気に入りの作品に投票する「全国陶器市作品展」や、来場者が自らろくろを回して茶碗や器づくりが体験できるコーナーなども人気を集めていた。

詳しく見る

2018/11/1イベント

都内に美濃和紙の光 あかりアート展示

 再生可能エネルギーとデザインを組み合わせた光のイベント「創エネ・あかりパーク2018」(実行委員会主催)が31日、東京都台東区の上野公園で開幕し、美濃和紙あかりアート作品が展示されている。4日まで。
 東日本大震災の際に節電の取り組みが広がったのを機に始まったイベントで、今回で6回目。世界的な照明デザイナー石井幹子さんが総合プロデューサーを務め、メーン会場の噴水広場に設けられた37基のテントでは創エネや省エネ、再エネ技術が体験できる。
 この日は点灯式があり、カウントダウンとともに色鮮やかな光が会場を包んだ。美濃和紙あかりアート展の入選作品20点が並べられたエリアでは、柔らかな光が来場者を魅了していた。
 石井さんは「その場でつくった小さなエネルギーで明かりをともす素晴らしさを感じてほしい」と話した。

詳しく見る

2018/10/29イベント

秋空の下、そぞろ歩き おかげ横丁で「きもの日和」

 伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁で27日、着物を着てそぞろ歩きを楽しむ「横丁きもの日和」が2日間の日程で始まった。伊勢木綿や松阪木綿を中心に100着以上をレンタルでき、生け花や和装小物作りを体験できる。
 神様の衣替えと言われる伊勢神宮の神御衣祭(かんみそさい)に合わせたイベント。普段着る機会が少ない着物に袖を通してもらおうと毎年開催している。着物のレンタル料は4000円(持参の場合は1000円)。大黒ホールで貸し出し、受付は午後3時まで。
 「プロに教わる着付け体験」は午後2時から。参加料は500円。「ミニ華道体験」は午前11時、午後1時半、3時の3回あり、料金は1000円。また、伊勢木綿の反物市を開くほか、松阪木綿の機織りや伊賀くみひもなど、和装小物作りを体験できる。
 担当者は「空気が澄み渡る秋空の下、着物を着て横丁内を散策してほしい」と参加を呼び掛けている。

詳しく見る

2018/10/29イベント

博多人形作家協会と白彫会 天神で恒例の新作展

 今年もそれぞれ今月下旬~11月初旬、福岡市・天神で開かれる。
 作家協会新作展は29日から11月4日まで、アクロス福岡2階匠ギャラリーで、メイン企画は「大宰府ゆかりの百人一首の歌人たち」。マリンメッセ福岡で開かれる「伝統的工芸品月間国民会議全国大会」(11月2~4日)を機に地元をPRしようと、2010年の新作展で好評を博した持統天皇や天智天皇などの人形28点を再展示するほか、新作やえと人形も含めた約70点を並べる予定。
 白彫会の新作展は31日から11月5日まで、福岡三越9階の岩田屋三越美術画廊で開く。人気を集めるおはじきセットの今年のテーマは、博多を思い浮かべる歴史や名物を集めた「博多の華」。博多織や豚骨ラーメン、にわか面などをかわいらしくデザイン化した20種類入り。1セット3千円で限定400セットを販売する。一品作を含む新作やえと人形など計120点も展示販売の予定。

詳しく見る