伝統的工芸品ニュース

カテゴリー:伝統的工芸品

2018/9/10伝統的工芸品

西陣織支える知的障害者 工房開所15年、10業者から受注

 「ガッシャン、ガッシャン」-。3階建てビルの中から、機織りの音がリズム良く響いてくる。慣れた手つきで布を織り上げるのは、京都市北区の就労継続支援事業所「西陣工房」で働く知的障害のある人たち。工房は開所から今年で15年目を迎え、「福祉から地場産業を支える」という目標に向かって着実に歩を進めている。
 工房ができたのは2004年9月。西陣織の工程の一つで経糸を整える「整経」を行う家で育ち、京都市内の福祉施設で長く働いていた河合隆施設長が、西陣織と福祉をつなげられないかと考え、立ち上げた。
 はじめは知的障害のある3人で組みひもの生産からスタート。2007年には修学旅行生や観光客に、工房で働く人が組みひも作りを指導する体験教室を始め、今では年間に約700人が工房を訪れる。その後、糸繰り機や複雑な文様を織れる「ジャカード機」を順次導入し、本格的な西陣織の技術習得に乗り出した。
 中村賢太郎さんは、工房に通い始めて2年目。今年8月から、手織りできるジャカード機を使って作業を始めた。正絹の糸を機械に通し、美しい紋を織り上げていく。「手で織るのは楽しい」と、笑顔を見せる。

詳しく見る

2018/9/7伝統的工芸品

受講生縫った菅笠贈る 福岡の菅笠製作技術保存会

 高岡市の越中福岡の菅笠(すげがさ)製作技術保存会(城山孝会長)は6日、市役所福岡庁舎で福岡町観光協会(石澤義文会長)に花笠用の菅笠60個を贈った。
 23、24日に開かれる福岡町つくりもんまつり(北日本新聞社共催)の最終日に行う「越中菅笠音頭」「福岡つくりもん囃子」の街流しで福岡小学校6年生が使用するほか、同校の運動会などでも使われる。
 菅笠は市が実施している「菅笠づくり後継者育成講座」の講師と受講生、事務局の職員合わせて20人が製作した。
 同保存会の城山会長は「講師や受講生が一生懸命縫った菅笠を大切に使って下さい」と話した。石澤観光協会長は「福岡地域が誇る菅笠を子どもたちに伝えるために使わせてもらいます」と述べた。

詳しく見る

2018/9/4伝統的工芸品

別府竹細工の魅力を探った 温泉の街が生んだ工芸品 編み方多彩 生活に潤い

 大分県別府市には温泉の街ならではの伝統工芸品がある。日用品の小物から大きな芸術品まで幅広く親しまれている「別府竹細工」だ。別府市竹細工伝統産業会館を訪れ、こども記者たちが魅力を探った。
 展示場の入り口で、高さ約2メートルのアーチに迎えられた。材料は竹を割って作った竹ひご108本。見上げながらくぐると、天井が動いているような感覚がした。アーチを抜けると、竹ひごを編んで作ったかごや帽子、かばんやオブジェがずらり。会館職員の皆本博之さんが「編み方は大きく分けて6種類。職人が作品に合うように工夫して、無限の編み方が生まれる」と説明してくれた。
 竹細工は昔から日本各地で米や野菜を入れるかご、物を収納する箱などに使われてきた。別府では江戸時代、温泉で病気を治療する湯治客が宿で自炊する時に使うざる、入浴時に小物を入れるかごなどが売られるようになり、地場産業として定着。その後、飾り物などの芸術品も作られるようになった。良質のマダケが多く採れる地域だったこともあり、竹細工の文化が根付いたようだ。

詳しく見る

2018/9/3伝統的工芸品

大阪唐木指物 鶴町小5年生53人挑戦 伝統工芸授業/大阪

 大阪の伝統工芸「大阪唐木指物」を学ぶ出前授業が大阪市大正区鶴町2の市立鶴町小学校(263人)であった。5年生53人が木製のフォトフレームを作った。
 出前授業は「日本教育公務員弘済会大阪支部」が主催する「大阪の伝統工芸品製作」。三木一弘校長が「日ごろ目にする機会がない大阪の素晴らしい工芸を知り、時代や生活の変化を考えるきっかけに」と、総合学習に取り入れた。
 大阪唐木指物協同組合の出口史郎理事長ら3人が指導した。

詳しく見る

2018/8/31伝統的工芸品

グーグルが江戸時代から続く織物の老舗に依頼したこと

 沢井織物工場は、伝統工芸品である多摩織の技法を承継し、江戸時代から続く織物の老舗。一方、ネクタイやストールなど洗練されたデザインを取り入れた新製品や、大手企業との開発に挑む。多摩織の技法を応用し、織物の新たな可能性を見いだす。
 多摩織は「お召織」「紬織」「風通織」「変り綴織」「捩り織」の5種類の織り方があり、1種類または複数を組み合わせる。原料は生糸、玉糸、真綿の紬糸などを使う。糸繰りから整経、絣括り、染色、機巻き、綜光通し、手織りを経て完成までに早くても2カ月。職人が丹精込めて仕上げていく。生地に風合いがあり、しわになりにくいのが特長だ。

詳しく見る

2018/8/30伝統的工芸品

東北6県で作られる「伝統こけし」地域により顔立ち、形違う

 宮城県仙台市から車で約70分。宮城県と山形県の県境にある蔵王連峰の東麓に位置し、遠刈田温泉などがある蔵王町。古くから湯治場として人々を癒してきた場所で、こけし発祥の地としても知られている。同町にある『みやぎ蔵王こけし館』には、こけしや木の玩具が5500点ほど展示されている。これは世界一の数だ。
「こけしには伝統にのっとった作り方をする“伝統こけし”と、これをもとにして発展した“新型こけし”があります。東北6県では、11系統の伝統こけしが作られており、地域によって顔立ちも形もまったく違うのですよ」
 代表的なものには、頭にベレー帽をかぶったような“弥治郎系”、首がキュッキュと音を立てて回る“鳴子系”、子供の遊び人形だった頃の原形に近い細い胴の“作並系”などがある。

詳しく見る

2018/8/27伝統的工芸品

夏の甲子園、戦前の白磁製メダル 京都市考古資料館で展示

 1938年に行われた全国中等学校優勝野球大会(現全国高校野球選手権)で、選手らに贈られた参加記念のメダルが、京都市上京区の市考古資料館で展示されている。
 直径6・9センチ、厚さ1センチの白磁製。市埋蔵文化財研究所が京焼の浅見五郎助窯跡(東山区)で行った発掘調査で見つかった。この窯で焼かれたものとみられるという。
 メダルの表面には天使がボールを持ち、グローブをはめて羽ばたく姿を描く。戦闘機なども刻まれ、戦意高揚を図ろうとした当時の雰囲気も感じさせる。入場無料。展示は31日まで。

詳しく見る

2018/7/30伝統的工芸品

木曽漆器、塗り重ね光沢あめ色 中津川で作業最盛期

 箸、しゃもじ、おわん、お盆-。古くから木曽路を行き交う旅人たちの土産物として愛されてきた木曽漆器。白木の表面に天然漆を塗り重ねて耐久性を高める。木工業が盛んな裏木曽の岐阜県中津川市にも漆職人は多く、同市駒場の大藏漆器店では梅雨時から夏場にかけての湿気の多い時季、漆塗りの作業が最盛期を迎える。
 漆器の中で、最も手軽で人気があるのが木曽桧の漆箸だ。同店2代目の大藏正幸さん(65)は、漆塗りで「朱合(しゅあい)漆」と呼ばれる漆をこだわって使う。塗り始めは「生(き)漆」を下地に塗るのが一般的というが「つやが出ない。漆が割高でも最初から朱合をべた塗りする」と大藏さん。

詳しく見る

2018/7/27伝統的工芸品

越前焼に 腰掛けて 越前町・陶芸公園 椅子12個設置 自然釉の風合い 焼き物触れる場に

 本物の焼き物に触れて楽しめる公園づくりを進めようと、福井県は越前町小曽原の越前陶芸公園や県陶芸館前に越前焼で制作した椅子を設置した。越前焼独特の土の風合いと自然釉が美しい逸品。今後、公園内で体感できるさまざまな仕組みを設け、越前焼のファンを増やしていく方針だ。
 越前陶芸村の公園内には以前、休憩スペースに木製の一人掛けの椅子があったが老朽化していた。県陶芸館や公園を指定管理するアクティオ(本社東京)が新調を企画。園内に越前焼のオブジェはあるものの、実際に触れて体感できる仕組みが少なかったことから、陶製の椅子に入れ替えていくことになった。
 県内の越前焼作家でつくる「ふくい『陶』ネットワーク」に制作を依頼。メンバー8人が昨夏から作業を進めてきた。石こうで巨大なお椀状の型を作り、その上で粘土をたたいて延ばしていく成形法を導入。直径約50センチのきれいな球状に仕上げた。
 14個を作り上げ、5月末に県工業技術センター窯業指導分所横にある薪窯「越前窯」で焼き上げた。2個は一部割れてしまったが、12個は無事完成。6月末に公園内で越前焼のタイルが敷かれたゾーンと、県陶芸館入り口付近の芝生の上に6個ずつ設置した。

詳しく見る

2018/7/23伝統的工芸品

「福島復興のアピールに」 大堀相馬焼、英国へ

 二十三日に渡英する本宮市英国訪問団(団長・高松義行市長)は、現地の訪問先への記念品の一つとして、東京電力福島第一原発事故で浪江町から避難し、同市で工房を再開した大堀相馬焼「春山窯」の作品を贈る。十三代窯元で大堀相馬焼協同組合理事長の小野田利治さんは「福島復興のアピールになれば」と期待している。
 記念品として贈るのは直径二十九センチの絵皿。大堀相馬焼の特徴の美しい「青ひび」が入り、伝統の絵柄「走り駒」が躍動する。五月ごろに市から制作依頼があった。小野田さんは「昨年十一月に本宮に拠点を構えたばかり。声を掛けてもらえてうれしかった」と、支援への感謝と復興への思いを込めて仕上げた。
 絵皿は、同市と姉妹庭園協定を結んでいるロンドン・ケンジントン&チェルシー王立区、二〇二〇年東京五輪・パラリンピック「復興ありがとう ホストタウン」事業で関係構築を目指す英国オリンピック委員会、同パラリンピック委員会に贈る。馬の絵付けをした現代的なデザインのフリーカップも王立区や在英日本大使館に届ける。
 大堀相馬焼協同組合に所属する窯元は現在十七軒あり、このうち九軒が避難先で営業を再開した。小野田さんは「焼き物が英国に渡ることで、福島が誇る伝統の技を知ってもらえる。われわれ窯元にとって大きな励みになる」と話している。

詳しく見る