伝統的工芸品ニュース

カテゴリー:商品

2017/12/22商品

『樂園百貨店』おすすめの沖縄みやげ5選に首里織の名刺入れ

沖縄に旅行・出張して「那覇市内でおみやげを買う」となった場合、みやげ店が立ち並ぶ国際通りに行くのが、これまでの定番であった。国際通りにほど近いデパート『リウボウ』の2Fにオープンした、ライフスタイルセレクトショップ『樂園百貨店リミテッドショップ』が、その流れをちょっと変えつつある。
・『首里織名刺入れ』(8640円)
琉球王国の時代から伝わる織物「首里織」の作品を生み出している3名のアーティストによる名刺入れで、デザインのバリエーションを豊富に揃えている。

詳しく見る

2018/2/9商品

「Dr.スランプ アラレちゃん」かわいらしい「こけし」発売決定、伝統工芸「卯三郎こけし」とコラボ

 日本の伝統工芸と鳥山明さんによる人気作「Dr.スランプ アラレちゃん」がまさかのコラボレーション!アラレちゃんとガッちゃんをモチーフにした可愛らしい「こけし」が販売されます。
 ベースとなっているのは群馬県北群馬群榛東村に拠点をかまえ、タマゴのような丸みを帯びたシルエットが特徴である伝統工芸品「卯三郎こけし」。過去にもリラックマやドラゴンボールといった人気作品のキャラクターとコラボしたこけしを販売しています。
 木のぬくもりが感じられる素材を活かしたシンプルなシルエットながらも、アラレちゃんとガッちゃん(赤/黄)の姿をしっかりと表現。それぞれ職人の手によって1つずつ丁寧に作り上げられているそう。
 「Dr.スランプ アラレちゃん」コラボこけしは2018年2月7日から先行予約の受付がスタート。価格はアラレちゃんが4,000円(税別)、ガッちゃんが各1,400円(税別)となっており、発送時期は3月を予定しています。

詳しく見る

2017/12/25商品

沖縄・壺屋やちむん通りの人気やちむんショップ3選

 女性誌などでも頻繁にとりあげられるようになり、注目度が高まっている沖縄の「やちむん」。やちむんとは、沖縄の言葉で焼物(陶器)のこと。土の匂いが残っているような、ぽってりとした姿や色合いが特徴的で、沖縄県内ではおしゃれなセレクトショップでも人気のアイテムとなっています。
 琉球王朝時代からの歴史を持つ伝統的な壺屋焼きの他に、読谷(よみたん)やちむんの里の読谷山焼きなどが有名ですが、最近は伝統にとらわれない自由な色使いやデザインの若手作家の作品も人気が高く、女性が可愛い雑貨を選ぶような感覚で購入しているようです。

詳しく見る

2018/2/9商品

訪日客向け工芸品、博多人形など販売 福岡市が開発支援

 福岡市は8日、国指定の伝統工芸品で、訪日外国人向けに新たに考案した博多人形と博多織の小物など3点を発表し、販売を始めた。需要が低迷する中、新たな販路開拓を目指して市が開発を支援してきた。
 3点はネコの博多人形「福かぶり猫」、博多織の化粧品ポーチ「つつ美」と、アクセサリー製作キット。市などが昨年、福岡空港で外国人を対象に実施したアンケート結果を参考にした。
 博多人形と博多織の需要は、昭和50年代以降、人形を飾る床の間を省いた住宅が増えたり、着物の帯の販売量が減ったりしたことで、購入者が激減した。
 市は、年々増える外国人観光客に注目し、市内の3つの事業者を選んで昨年夏から本格的に開発に取り組んでいた。

詳しく見る

2017/12/25商品

波佐見焼の動物モチーフがカワイイ♡お部屋にほっこり空間を!

 北欧が発祥のブランド「リサ・ラーソン」。特徴あるネコやライオンのキャラクターを見たことがある人も多いのではないでしょうか。近年では雑誌の付録になったり、さまざまなブランドとコラボレーションしてアイテムを出したりするなど、日本での人気も高まっています。お部屋にひとつあるだけで、とってもキュートなアイテムたちを集めてみました。
 リサ・ラーソンのインテリアをたくさん集めたコーナー。一番左の鳥の形の器は「Duva」という波佐見焼の職人が手掛けたものです。ドライフラワーを入れていますが、優しい色合いと丸いフォルムがとってもキュートですね。

詳しく見る

2018/2/15商品

「JIMOTO made series」シリーズ。地域に根ざした伝統工芸とのコラボ。

【墨田区「スターバックス アイスコーヒーグラス」】
 地方だけではなく、東京の「地元産」グッズもあります。 墨田区の一部店舗限定で販売されているのは、江戸切子の伝統技術が光る「アイスグラス」。こちらも一つひとつ、職人さんの手によって丁寧に仕上げられています。
 切子の紋様の涼しげな印象と、スターバックスの紙カップ側面を模したデザインがまさに粋!
【歴史と伝統、ブランド力の融合】
 この「JIMOTO made series」は現在、9つの地域で展開されています。いずれも、その地に受け継がれてきた技術を注ぎ込んで作られる、歴史と伝統を感じるアイテムばかり。
 確かにひとつひとつのお値段を見ると、気軽に買える……とは言えないかもしれません。でもその価格設定にこそ、各地に息づく伝統工芸の担い手の姿があり、それらを守り、広めようというブランドとしてのスターバックスの心意気が見えるような気がします。
 大好きなスタバで、今まで知らなかった各地の伝統工芸に出会う。それは、きっと新しい楽しみになるはず。次の旅先ではぜひ、スターバックスでこの「JIMOTO made series」をチェックしてみてください!

詳しく見る

2017/12/28商品

福島県がビームスとコラボ 第1弾「大堀相馬焼」、商品販売へ

 福島県は27日、東京都新宿区のセレクトショップ「BEAMS JAPAN」と共同で本県の魅力を伝える新事業を始めると発表した。第1弾は「大堀相馬焼」で、浪江町から避難後、西郷村で操業を再開した松永窯と同店が共同制作した。来年1月2日から同店やビームスの公式オンラインショップで販売される。
 商品は湯飲みや皿などで、「馬の絵」や「青ひび」「二重焼」といった大堀相馬焼の技術をビームス側の提案に応じて表現した。例えば、皿には馬が9頭描かれ、語呂合わせで「うまくいく」との意味を込めた。

詳しく見る

2018/2/20商品

唐津焼風絵付けせんべい 来月発売

 唐津焼の第十四代中里太郎右衛門さんが絵付けを指導し、唐津市二タ子の菓子製造業鶴丸修さんが作った「唐津陶片せんべい」が3月1日に発売される。太郎右衛門さんは「唐津の新しい土産物になればうれしい」と楽しみにしている。
 唐津の歴史まで味わえるようなせんべいを作りたいと考えていた鶴丸さんは昨年6月以降、太郎右衛門さんの工房に通い、唐津焼の陶片に描かれた文様を見ながら絵付けを習った。元々絵心があったわけではなく、試行錯誤しながら焼き物の雰囲気を感じさせるせんべい作りに成功した。

詳しく見る

2018/1/16商品

お鍋にポンと入れるだけ。鉄分を補給できる南部鉄器

 岩手県で古くから作られている南部鉄器を、鍋やヤカンに入れてお湯を沸かすだけで鉄分がお湯の中に溶出し、鉄分を補給できるというロングセラー商品。
 鉄分は体の中では作れない成分で、食べ物からしか取ることができないそうです。でも鉄分の入っている食べ物をそんなに頻繁に食べられるわけじゃないですよね。鉄玉子・鉄玉があればお湯を沸かすだけ&無味無臭なので本当に手軽に鉄分を補給できます。貧血にお悩みの方はもちろん、現代人は食生活の変化で鉄分不足が深刻な問題となっていると聞きますので、偏食の方にもおすすめしたいです。

詳しく見る

2018/1/16商品

アンリ・ルルーのバレンタイン – ピスタチオや紅茶香る新作チョコ&京友禅の限定コフレ

 限定コフレ「フュメ(Fumé)」「アローム(Arôme)」は、京友禅着物の老舗「千總」とのコラボレーションによるパッケージ。
 ナッツやフルーツなどの素材の香りを楽しめる「アローム」には、パッションフルーツのキャラメルを使用した「ルイゾン・パッション」や、重厚なヘーゼルナッツの香りが楽しめる「ノワゼッティンヌ・ノワール」、新作「リマ」をメインにセット。鮮やかなレッドのパッケージにリボンをかけたパッケージが、バレンタインならではの特別感を演出する。

詳しく見る