伝統的工芸品ニュース

カテゴリー:商品

2019/1/15商品

「決して転ばない」ダルマ 受験の縁起物、注文相次ぐ

 受験シーズン本番を控え、受験生を応援する縁起物「合格ダルマ」の制作が福井県小浜市内の民芸品店でピークを迎えている。どっしりと底が平らで「決して転ばない」のが特徴。きりっと引き締まった表情のダルマを子や孫に持たせようと市内外から注文が相次ぎ、一品一品丁寧に仕上げる作業が続いている。
 このダルマは若狭塗箸の塗料に使う赤や緑、黄色の特殊な樹脂を固めた民芸品。同市福谷の「ツカモト民芸センター」が50年以上前に考案した。30年余り前、知人に頼まれ「合格」の文字を入れて作ったところ、口コミで評判が広がり、今では受験生を応援する品として全国的な人気になっている。今冬も昨年12月から注文が入り始め、年明け三が日から続々と来店者が訪れている。
 店先の作業場では三角すいや台形などに加工した塊を手に、柄本忠彦さんと妻直江さんが、「へ」の字形に固く結んだ口や、力強く愛嬌のある目を描く作業を進めている。全て手作業のため、柄、表情ともに同じ物は一つもない。高校入試を控えた中学生の孫にと来店した市内の男性は「このダルマを携え頑張ってほしい」と話し、数多くあるダルマの中からお気に入りの品を選んでいた。
 「現代の名工」にも選ばれている柄本さんは「必死で頑張っている受験生の願いがかなうよう、一つ一つ気持ちを込めて仕上げていきたい」と話していた。
 価格はサイズによって異なり、売れ筋は税込み1個2800円で、小さいサイズは同1080円。

詳しく見る

2018/12/12商品

伝統工芸 美のコラボ 琉球絣・南風原花織×甲州印伝(山梨) 特徴生かし、新商品

沖縄県南風原町の特産である琉球絣、南風原花織と、鹿革を使った山梨県の伝統工芸品・甲州印伝が初めてコラボレーションした作品の発表会(南風原町商工会主催)が8日、南風原町宮平のゆいまーる沖縄本店で開かれた。取り組んだのは「NUNUSAAA(ぬぬさー)」として琉球絣と南風原花織の魅力を発信している職人の大城拓也さん、大城美枝子さん、大城幸司さんの3人と、甲州印伝の総合部門では現在、唯一の伝統工芸士である山本裕輔さん。それぞれ、別の伝統工芸品とのコラボ商品は初めて。4人は「琉球絣や甲州印伝を知るきっかけになってほしい」と呼び掛けた。

詳しく見る

2018/12/10商品

「鉄血のオルフェンズ」鉄華団やギャラルホルンマークが伝統工芸に

 アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、同作に登場する組織「鉄華団」「ギャラルホルン」のマーク等をモチーフにした伝統工芸品「九谷焼」平角皿等全4種が発売。「プレミアムバンダイ」にて予約受付がスタートした。
 本商品は、日本の伝統や優れた技術を『機動戦士ガンダム』の情報発信基地「Gundam Cafe」から広める「Discovery-G」シリーズの第12弾として企画。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の鉄華団、ギャラルホルンのマークや名場面をモチーフにして、伝統工芸品「九谷焼」のアイテムが制作された。
 平角皿と姫皿で本作を象徴する様々な要素をイメージしたアイテムが取り揃えられ、九谷焼の伝統的画風の市松画風で表現した市松鉄華団マークや、古九谷風小紋手画風で現した鉄華団マークなどの商品がラインナップ。そのほか、九谷風色絵石畳文画風で描いたしたギャラルホルンマーク、赤絵金襴手画風で表現した流星号、瓔珞文画風で再現した名場面を描いたアイテムが用意された。

詳しく見る

2018/12/7商品

来年は亥年 置物作り最盛期 高山・一位一刀彫

 岐阜県高山市初田町の鈴木彫刻店で、飛騨地方を代表する伝統工芸「一位一刀彫」による来年の干支の「亥」にちなんだ、イノシシの置物づくりが最盛期を迎えている。工房では、店主の鈴木英之さんと息子の雄大さんが一心不乱にノミを振るい、1体ずつ丁寧に彫り上げている。
 一位一刀彫は、イチイの木目を生かし、彫り跡を残すのが特徴。彫刻の大きさにより30~40種類のノミを使い分け、手作業で彫り上げる。同じ作者の作品でも、少しずつ表情に違いがあり、毎年訪れて買い求めるお客さんも多い。時間をかけて一つずつ表情を見比べ、お気に入りの1体を選んでいくという。

詳しく見る

2018/12/6商品

東京オリンピック向け「浮世絵×西陣織」第2弾!喜多川歌麿と東洲斎写楽の傑作が西陣織ネクタイに。

過去への郷愁と未来への希望を込めた和格子柄で登場。

■喜多川歌麿と東洲斎写楽の浮世絵を大剣裏にプリントした西陣織ネクタイ
江戸時代の有名な浮世絵師、喜多川歌麿の「ポッピンを吹く女」と、同じく江戸時代の謎の浮世絵師、東洲斎写楽の三世大谷鬼次の奴江戸兵衛(さんせいおおたにおにじのやっこえどべえ) を西陣織ネクタイの大剣裏にプリントした新作。表地はブリティッシュチェック調の和格子柄で、色は青藍と紅の2色展開。

詳しく見る

2018/12/4商品

干支「亥」の信楽焼づくり進む 滋賀・甲賀

 信楽焼で知られる滋賀県甲賀市信楽町長野の窯元「明山窯(めいざんがま)」で、来年の干支「亥」の置物づくりが進められており、工房では、白く輝く親子のイノシシが新春の風情を漂わせている。
 明山窯では年末までに、高さ5~10センチのイノシシを約1500個製作。職人の手で1カ月弱かけて手作りされた置物が、新年に向けて出荷の時を待っている。
 9代目の石野伸也さんは、「本来は筋骨隆々とした姿だが、かわいくふくよかに作っている。よい年を迎えてほしい」と話した。

詳しく見る

2018/11/15商品

輪島の冬は水ようかん 菓子店で製造始まる

 輪島市鳳至町の創業83年の菓子店「御菓子司(おかしつかさ)杉平」で14日、市内で冬に好んで食べられる「水ようかん」作りが始まり、店内に甘い香りが立ち込めた。15日から店頭に並び、贈答品や土産として帰省客らが買い求める年末年始に製造のピークを迎える。
 2代目店主の杉平淳一さんが、13日から水に漬けておいた寒天を釜で炊いて溶かし、砂糖とあんこをかき混ぜて沸騰させた。冷ましてから輪島塗職人が作った漆塗りの木枠に流し込んだ。一晩寝かせて形を切りそろえる。
 水ようかん作りは来年3月の彼岸のころまで続く。杉平さんは「こたつで過ごす家族団らんの場に、毎年変わらない味を届けたい」と力を込めた。
 輪島で冬に水ようかんを食べる風習の由来は分かっていないが、杉平さんは「寒天となる海藻が豊富に採れ、小豆も栽培されて材料を手に入れやすく、余った分を冬のおやつにしたのではないか」とみている。

詳しく見る

2018/11/12商品

超薄の越前焼リング、職人魂を腕時計に 協同組合が新機軸

 越前焼工業協同組合(福井県越前町)が、独自の薄作り技術を生かした腕時計の商品化を計画している。他の焼き物産地にはない技術を広く発信するとともに、商品幅を広げるきっかけにする。越前漆器の装飾技術も取り入れ、福井が誇る伝統的工芸品の魅力が詰まった逸品を目指している。
 同組合は2006年度、県工業技術センターと共同で高強度の陶土を開発。従来より薄くて軽い商品の生産が可能になった。近年は薄作りの酒器や茶器のシリーズを相次いで発売。安価な輸入品の増加やライフスタイルの変化で各焼き物産地が苦戦する中、他産地との差別化を図る商品として、国内外に売り込んでいる。

詳しく見る

2018/11/9商品

フィリップ・ワイズベッカーと中川政七商店が日本の郷土玩具をテーマにコラボレーション。

 その土地ごとに受け継がれてきた職人の技や想い、暮らしの知恵が息づく生活雑貨を数多く生み出している、1716(享保元)年創業の〈中川政七商店〉が、フランス人アーティストのフィリップ・ワイズベッカーとコラボ。全国の〈中川政七商店〉〈遊 中川〉〈日本市〉ブランド直営店にて、コラボアイテムの販売をスタートした。
 鉛筆で描く独特の “手仕事” が魅力のフィリップ・ワイズベッカーと、工芸産地の職人とともに “手仕事” を生かした暮らしの道具を作り続けてきた〈中川政七商店〉。“手仕事” を大切にする両者が、日本各地の郷土玩具の工房を訪ね、十二支のオリジナルデッサンと、その画をモチーフにした暮らしの道具を製作した。
 今回のコラボは兼ねてより日本の郷土玩具に興味を持っていたワイズベッカーが、2017年に〈中川政七商店〉とともにその作り手を訪ねる旅に出たことに端を発する。郷土玩具は江戸時代以降に寺社の授与品やお土産、節句のお祝いとして作られるようになり、製作された地域や時代、職人によって多種多様に存在している。今回は十二支にまつわる12の郷土玩具の作り手を訪れ、ワイズベッカーらしい独特のパースが効いた鉛筆画の数々が誕生した。
 《ワイズベッカー越前漆器 酒器》は福井県鯖江市で 200年に渡って漆塗りを継承してきた〈漆琳堂〉で、一つひとつ丁寧に塗り上げて製作した越前漆器。縁起のいい4色を用意している。《ワイズベッカー 伊万里焼 蕎麦猪口》は白地に青いデッサンが映える、すっきりとしたデザインが魅力。《ワイズベッカー 九谷焼 大皿》は、石川県の代表的な工芸である九谷焼の窯元〈上出長右衛門窯〉で作られた、ワイズベッカーのデッサンを中央に配した大皿だ。こちらの商品のみ受注生産品。そのほか、箸置、ふきん、越前和紙 ちぎり葉書き、ブリキ缶入り煎茶、手ぬぐいもラインナップしている。
 なお、 コラボレーション商品の発売を記念して、東京および大阪の一部直営店にて、原画巡回展「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり」開催。今回のコラボのために描き下ろした郷土玩具の原画12点を展示するほか、モノクロの原画の販売も行う。

詳しく見る

2018/11/9商品

ザクの頭からお湯が…職人技光る鉄瓶、シャア専用は断念

 アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「ザク」が、岩手県の伝統工芸品「南部鉄器」になった。製造するのは本場、奥州市の職人たち。バンダイ(東京都)が8日、インターネットで予約受け付けを始めた。
 ザクの頭部を模した鉄瓶は高さ約16・5センチ、重さ約2・5キロ。約700ミリリットルが入る。南部鉄器づくりが盛んな奥州市の水沢鋳物工業協同組合が職人たちに呼びかけ、製作した。目の部分のへこみなどを再現するには特殊な工程が必要で、型を作るのに半年かかったという。
 日本の伝統や技術をガンダムとコラボして発信するバンダイのプロジェクトで、人気が高い「シャア専用ザク」の製作も考えたが、角の部分でやけどする可能性があるため、量産型のザクを選んだという。同組合販売課の佐藤康平さんは「ロボットと鉄で相性が良い。重量感、質感を楽しんでほしい」。

詳しく見る