伝統的工芸品ニュース

カテゴリー:展示会

2017/11/16伝統的工芸品

京鹿の子絞り技法を使って制作した風神

丹波市柏原町柏原、町家ギャラリー「るり」で15日、「京の絞り職人展」が始まった。伝統工芸の「京鹿の子絞り」の染色技法を駆使して制作した風神のタペストリー(縦1・6メートル、横約1・8メートル)など約280点を展示。繊細、華麗な世界が訪れた人を魅了している。18日まで。

詳しく見る

2017/10/23伝統的工芸品

若き感性 伝統に新風 ユニーク置物など 南砺で井波彫刻展

若手の井波彫刻師の作品を集めた企画展「蒼匠(そうしょう)展」が、南砺市北川の井波彫刻総合会館で開かれている。十一月二十一日まで。

詳しく見る

2017/11/20展示会

人間国宝15人の陶磁器作品並ぶ 磐田のミュージアム

 磐田市上野部のシルクロード・ミュージアムは来年2月28日まで、陶磁器の人間国宝15人の作品を集めた「人間国宝展」を開いている。
 釉薬を使わず、土の性質を生かし赤と黒の色を出した伊藤赤水氏の無名異焼のつぼや、金箔(きんぱく)を切り貼りして花や鳥を描いた吉田美統氏の九谷焼の大皿などが並ぶ。親子2代で人間国宝となった13、14代今泉今右衛門の花瓶や鉢も展示している。

詳しく見る