伝統的工芸品を探す
TRADITIONAL CRAFTS

多摩織Tama Fabrics

現在の八王子にあたる地域では、平安時代末頃から絹が織られており、滝山紬や横山紬といった織物がありました。
室町時代後期、多摩川のほとりにやってきた北条氏が、領民の産業として奨励したことで産地として形が整いました。明治以降は文明開化によって技術が急速に発展し、さらに独自に技術を開発したことで、今日の多摩織の基盤が築かれました。

Two silk cloths known as Takiyama pongee and Yokoyama pongee were being made toward the end of the 12th century, in the area of present-day Hachioji on the western edge of Tokyo.
Toward the end of the Muromachi period (1392-1573), however, Hojo who had moved into the area, encouraged the local people to develop the craft and a production center was soon established. With the surge of enthusiasm for anything new after the Meiji Restoration in 1868, technological progress was rapid and Tama fabrics are founded on the individual developments that were made at that time.

Tama fabrics is a generic name for a number of different weaves. Apart from a complex tapestry weave called kawari tsuzure, there are yarn dyed and pre-twisted plain woven cloths as well as twills and more complex satin float weaves. Many of the cloths, which are light weight and do not easily crease, are for kimono and other traditional garments. Although the cloths are tastefully elegant and practical with a traditional demeanor, this is changing. Recently, a number of fine new cloths have appeared that are both modern and fashionable and yet rely on what can only be achieved with a handmade cloth.

  • 告示

    技術・技法


    お召織にあっては、次の技術又は技法により製織されたしぼ出し織物とすること。

     
    (1)
    先染め又は先練りの平織り、綾織り若しくは朱子織り又はこれらの変化織りとすること。

     
    (2)
    お召糸に使用する糸は、下よりをした後、わらびのりその他の植物性糊料を手作業によりもみ込むこと。

     
    (3)
    お召糸のねん糸には、八丁式ねん糸機を用いること。

     
    (4)
    しぼ出しは、「湯もみ」によること。

     
    (5)
    たて糸の密度は、1センチメートル間100本以上とすること。


    紬織にあっては、次の技術又は技法により製織された無地織物、しま織物又はかすり織物とすること。

     
    (1)
    先染め又は先練りの平織り、綾織り若しくは朱子織り又はこれらの変化織りとすること。

     
    (2)
    無地織物又はしま織物にあっては、よこ糸の打込みには、「手投杼」又は「引杼」を用いること。

     
    (3)
    たてがすりにあっては、男巻から送り出されるかすり糸のかすり模様を手作業により柄合わせし、かすり模様を織り出すこと。

     
    (4)
    たてよこがすりにあっては、たて糸のかすりとよこ糸のかすりとを手作業により柄合わせし、かすり模様を織り出すこと。

     
    (5)
    よこ糸に使用する糸は、玉糸又は真綿のつむぎ糸とすること。

     
    (6)
    かすり糸の染色法は、「手くくり」、「手摺り込み」又は「板締め」によること。


    風通織にあっては、次の技術又は技法により製織された織物とすること。

     
    (1)
    「ジャカード機」又は「ドビー機」を用いる先染め又は先練りの二重織りとすること。

     
    (2)
    製織は、織物の表裏が転換するように2色以上のたて糸及び2色以上のよこ糸を用いて経緯二重織りをすること。

     
    (3)
    「綾竹」の位置を修正するとともに、手作業によりたて糸の張力が均一になるように調整しつつ、製織をすること。

     
    (4)
    たて糸の密度は、1センチメートル間120本以上とし、よこ糸の密度は、1センチメートル間40本以上とすること。


    変り綴にあっては、次の技術又は技法により製織された変りつづれ織物とすること。

     
    (1)
    先染めの平織り又は平織りの変化織りとすること。

     
    (2)
    模様の有るものにあっては、模様部分のよこ糸は、「小杼」を用いて筬に対し斜めに打ち込みをした後、爪先又は「筋立」を用いて筬に対し平行に掻き寄せること。

     
    (3)
    たて糸は、4本以上を一群とした後、手作業により筬羽一羽ごとに引き込むこと。この場合において、筬の筬密度は3.78センチメートル間70羽以上とすること。

     
    (4)
    「綾竹」の位置を修正するとともに、手作業によりたて糸の張力が均一になるように調整しつつ、製織をすること。


    綟り織にあっては、次の技術又は技法により製織された搦み織物とすること。

     
    (1)
    「ジャカード機」を用いる先染め又は先練りの搦み織りとすること。

     
    (2)
    製織には、「手投杼」若しくは「引杼」、「紋振い」又は「変り筬」を用いること。

    原材料

    使用する糸は、生糸、玉糸又は真綿のつむぎ糸とすること。

     

  • 作業風景

    多摩織は、草木染めによる先染・先練の織物です。使用する糸は、生糸・玉糸・真綿の紬糸の3種類。また、織り方によって品種はお召・紬・風通・変り・綟りの5つに分かれます。いずれも、主要工程のほとんどが手作業によるものです。

    工程1: 精練

    袋に生糸を入れて木灰汁あるいは藁灰汁(わらばいじる)で煮出し、表面を覆っている膠(にかわ)質を取り除き、固い糸をやわらかくして光沢を出します。水洗して乾燥させ、練り糸にします。

    工程2: 図案づくり

    紬織やお召織などの柄を考え、一目盛りずつ配色して図案を描きます。この図案をもとに、織り組織と紋様を意匠図に描き改めます。

    工程3: 染色

    1.染色
    竿に通した練り糸を染料の入った釜に浸し、沸騰させないように注意しながら、糸を繰って手早く均等に染めていきます。これを数回繰り返して水洗・脱水・乾燥させます。
    2.糊付け
    染め上がった糸を糊の液に浸してもみ込みます。とくに、お召織の場合は緯(よこ)糸に強い撚(よ)りをかけるので、撚りが戻らないよう十分に糊をもみ込みます。次に、糸を張り棒にかけてぎり棒で締め上げ、むらなく糊が浸透するようにしごきます。

    工程4: 糸繰りから機巻きまで

    ●お召織の場合
    1.お召撚り
    糸を糸繰り機の綛(かせ)枠にかけ、一定の張力を加えながら糸枠に巻き取ります。次に、糸を紡錘(つむ)に収めるため、左撚り・右撚りを区分けしながら管(くだ)に巻き取ります。そして糸を八丁式撚糸機に通し、一定の湿度を保ちながら1メートルに3000回という強い撚りをかけ、左右同時に撚り上げます。
    2.整経
    経(たて)糸を糸枠に巻き取り、本数・長さ・幅を決め整経機のドラムに巻き取ります。
    3.機巻き
    糸が乱れないように「はたぐさ」を挟みながら、男巻に巻き返します。

    ●紬織の場合
    1.糸繰り
    染色と糊付けのすんだ糸を綛枠にかけ、一定の張力を加えながら糸枠に巻き取り、経糸の本数・長さ・幅を決め、立経(たてべ)で整えます。
    2.墨付け
    意匠図にしたがって寸法をとり、墨で印をつけ、手くくりのための位置を決めていきます。
    3.手くくり
    白抜きする箇所に染料がしみないように、油紙を巻いて強くくくりつけます。色数が多い絣柄は染める部分と染めない部分ができるため、くくりとほどきを何回も繰り返します。
    4.浸染
    手くくりした糸を、染料液に浸して染め上げます。
    5.柄合わせ
    染め上げた経糸を屋外で長く張って乾燥させ、手くくりをほどいて柄を合わせます。次に、意匠図に描いた絣の柄に合わせて染めた経糸を組み合わせ、綾をとっていきます。
    6.機巻き
    糸が乱れないようにはたぐさを挟み、細かく柄合わせしながら男巻に巻き取っていきます。

    画像をクリックすると動画が再生されます

    工程5: 製織

    経糸を綜絖・筬(おさ)に引き込み、経糸と緯糸を一定の基準で交錯させ、織り上げていきます。絣柄の場合、織り進むうちに経糸がずれていかないよう細心の注意が必要です。

    画像をクリックすると動画が再生されます

    工程6: 仕上げ

    温水に浸して手で丹念にもみ洗いし、撚(ねん)糸加工の際についた糊を落として乾燥させます(湯もみ)。手のし機で蒸気をかけながら反物の幅出しをして仕上げます(湯のし)。

     

     

  • クローズアップ

    着るほどに風合いが増す、本物の技術で織られた多摩織

    多摩川に晒す手づくりさらさらと――古くは万葉の東歌にも詠まれたほど、八王子は布や織物と縁の深い地である。奈良時代の古文書にも生糸や絹織物の産地として記され、安土桃山の時代には市に紬座が設けられていたという。歴史の香漂う八王子に、古の技を今に伝える職人を訪ねた。

     

    くわのみやこに青あらしふく

    そこは、不思議な空間だった。100年以上前、明治中期に建てられた工房兼住まいは路地の奥にゆかしいたたずまいを見せ、中庭には染め上がった練り糸が干されている。どこからともなく、とんとんからからと機(はた)の音。一瞬、民話の世界に迷い込んだかのような錯覚すら覚える。その「とんとんからから」を子守り歌がわりに育った、という澤井榮一郎さん。祖父の代から、この地で染めと織りを営んでいる。
    かつて桑の都と称された八王子。900年の昔、諸国行脚(あんぎゃ)に出た西行法師がこの地に立ち寄った際、「あさ川をわたれば富士のかげ清くくわのみやこに青あらしふく」と詠んでいる。今、住宅団地が密集し大学が立ち並ぶ丘陵地帯も昔日は一面の桑畑、青々とした葉が風にたなびいていたのだろうか。

    • 澤井榮一郎さんの自宅兼工房。100年を経ているという日本家屋は、どっしりと揺るぎない

    • 中庭では、染め工程半ばの糸が風に揺れていた

    立ち居振舞いをしても、しわにならない着物

    多摩織の5品種、お召(めし)・紬(つむぎ)・風通(ふうつう)・変り・綟り(もじり)のうち、お召織は全国の伝統芸能に従事する人たちの需要が高い。糸に特殊な強い撚りが入っているため、その反物で仕上げられた着物はしわにならず滑らか、所作がしやすいのだ。とくに能や歌舞伎の仕舞い、踊りなどに使われることが多い、と澤井さんはいう。
    「伝統的な工芸品の底に流れているものは、みな同じでしょう。本物の原材料を使って本物の仕事をすること。ごまかしたらおしまい、必ずボロが出るからね」
    綟り織は、別名粋紗ともいう。一流の芸妓さんが新橋などのお座敷に出るとき、この粋紗の着物を愛用する。じめじめ蒸し暑い季節、肌触りがさっぱりしているからと麻の着物を選ぶと、動いているうちどうしてもしわが出てしまう。それは、すこぶる無粋なこと。立ち居振舞いをしてもしわにならない、それが多摩織の一つの大きな特長だ。

    織物は、経糸と緯糸を一定の規則にしたがって交錯させたもの。澤井さんが手にしているのは杼(ひ)、織るときに緯糸を通すために使う道具だ

    手をかければかけるほど、絹は応えてくれる

    「小僧時分は随分鍛えられたよ」。澤井さんは修行時代を振り返って語る。
    「銀座や柳橋の呉服商へ、問屋の人とよく一緒に行ったもんだ。呉服屋にはおっかない番頭さんがいてねえ。ちょっとでもできの悪いものなんか持っていった日には、反物を放り投げて怒鳴る。だけど、極上のものを持っていくと、料亭でご馳走してくれるんだ。呉服屋さんにも大切な使命があるからね。固定客に悪いものは出せない。今にして思えば、何がよくて何が悪いのか、ものを見る目を養わせてもらったんだね」
    天然の絹の魅力は扱った者にしかわからない、とも。本糸・玉糸・真綿の紬糸という3種の糸を組み合わせていくのだが、その作業はまさしく糸と心通わせながら行うもの。気持ちをこめ手をかければかけるほど絹は応えてくれる、というのだ。

    本物は、着れば着るほど風合いがよくなっていく

    澤井さんの工房には、美術・工芸・服飾などを専攻する若い人たちが技術を習いにきている。生まれたときから何でもそろっていて、足りないものは買えばすむ。そんな世代だからこそ、自分で何かを作ること、生み出すことに新鮮な喜びを感じるのかもしれない。
    「ごく自然なことでしょう。50年たとうが100年たとうが、本物は続いていくんですよ」
    澤井さんの口からは、何度も「本物」という言葉が出た。ごまかしものは短命、本物だけが時代を貫いて生きていける――。厚みがなくて安っぽいテカテカの化学繊維に慣れきって、生き方まで薄っぺらくなってはいまいか。ふと我が身を振り返って、どきりとする。
    着物だろうが洋服だろうが、ぱっと見ただけではなかなか真贋はわからない。でも、その見分け方は単純明解だと澤井さんは笑う。
    「着れば着るほど風合いがよくなってくるのが、本物。偽者のほうは、着れば着るほどくたびれてしまう。ただの消耗品だよ」
    日常で和服に親しむ機会が減っている今だからこそ、本物を見て、触れ、実際に袖を通してみたいもの。多摩織は、紛うことなき本物の輝きを放っている。

    • でき上がった反物の風合いを確かめる澤井さん

    • お召織の技法を応用して織ったスカーフ。絹は、比重が軽いうえに暖かいので好評だ

    職人プロフィール

    澤井榮一郎

    1921年生まれ。
    着てくれた人にほめられたときが、どんな勲章をもらうよりうれしい。息子さん夫婦とともに、染め・織りの仕事を続けている。

    こぼれ話

    織物から生まれた言葉たち

    私たちはふだん、さして気にも留めず「油を売る」「間髪を入れず」などの慣用表現を使っています。じつはそのなかに、織物に関する言葉がけっこう含まれているのです。たとえば、「腕に“より”をかける」。自信のある腕前をいっそうよく示そうと張り切ることです。“より”とは、まじえてねじり合わせることで、糸を撚(よ)ってより丈夫な織物に仕上げることを連想させます。「くだを巻く」は、糸車の管を巻く音がぶうぶうと音を立てることに結びつけて、酒に酔ってとりとめのないことをくどくど言うことです。また、絣柄を織る前の柄合わせの工程では、綾をとる作業をします。これがそのまま、糸でいろいろなものの形を表現する女の子の遊び「あやとり」になっていったのでしょう。日常生活のなかから生み出された言葉には、暮らしの実感がこもっています。こうして見ると、織り物が人々の暮らしの中核にあったことがうかがい知れます。

     

     

概要

工芸品名 多摩織
よみがな たまおり
工芸品の分類 織物
主な製品
主要製造地域 東京都/着物地、羽織、コート、袴
指定年月日 昭和55年3月3日

連絡先

■産地組合

八王子織物工業組合
〒192-0053
東京都八王子市八幡町11-2
TEL:0426-24-8800
FAX:0426-25-5478

http://www.hachioji-orimono.jp/

■関連展示場・施設

特徴

多摩織にはお召織(めしおり)、紬織、風通織(ふうつうおり)、変り綴(かわりつづれ)、綟り織(もじりおり)の品種があります。伝統的に渋い実用的な作品が多く作られてきましたが、最近では、洗練されたデザイン、新しい感覚、優れた技術をとり入れつつ、伝統的な手作業により特色のある優れた製品を産み続けています。

Tama ori consists of the following six techniques: Omeshi-ori, Tsumugi-ori, Fuutsu-ori, Kawaritsuzure and Mojiri-ori. While Tama ori was traditionally used to produce modest daily articles, recently by introducing fresh, refined designs, new textures, and modern techniques, the methods continue to produce stunning fabrics that maintain their fundamental hand-made traditions.

作り方

お召織は先染めまたは先練りの平織、綾織もしくは朱子織(しゅすおり)または変化織です。使用する緯糸は下撚(したより)の後、わらび粉及びひめ糊を手作業でもみ込み、八丁撚糸機(はっちょうねんしき)で右撚と左撚に同時に撚(よ)り上げます。撚られた糸で織った後、シボを浮き上がらせるために湯の中でもみ、幅出しして仕上げます。

Omeshi-ori uses previously dyed or refined silk threads in a simple, twill, satin or variable weave. After initial twisting, bracken powder or rice-glue is rubbed into the weft threads. They are then right-twisted and then left-twisted on a Haccho nenshiki traditional silk thread twisting machine. After weaving the resulting threads, the fabric is massaged in hot water to remove any wrinkles, and then stretched horizontally and hung to finish.

産地からの声

しわになりにくく、軽い製品です。