伝統的工芸品を探す
TRADITIONAL CRAFTS

越中福岡の菅笠Etchu Fukuoka Sedge Hats

古くは1400年代から始まった縫い笠で、江戸時代に加賀藩が生産奨励したことにより全国に普及した。良質の菅草を生かした製作技術により、農作業での日除け・雨除けや、日本各地の伝統行事・祭りなどの道具として使用されている。

Sedge hat weaving started way back in the 1400s and spread throughout the entire country during the Edo Period when its production was promoted in the Kaga domain. Production techniques using high-quality sedge enabled these hats to be used as sunshades and rain hats for farming, and as paraphernalia for traditional events, festivals, and other occasions throughout Japan.

  • 告示

    技術・技法

     

    1
    「笠骨」は、次の技術又は技法によること。

     

    (一)
    「外輪骨(がわぼね)」は、「爪」を施して輪にし、「爪」を重ねて留めること。

     

    (二)
    「中骨」は、頭頂部の重なり部分を薄く削り、「外輪骨」に差し込むこと。

     

    (三)
    曲げ工程をする場合は、「中骨」を加熱して曲げること。

     

    2
    「笠縫い」は、次の技術又は技法によること。

     

    (一)
    笠裏には、「シカケ」をすること。

     

    (二)
    「ノズケ」で取り付けた菅草をしごいた後、糸で縫い上げること。

     

    (三)
    頭頂部は、「頭止め」をすること。

     

    原材料

     

    1
    使用する竹材は、外輪骨には、カラタケマダケ若しくはモウソウチク又は、これらと同等の材質を有するものとすること。中骨には、メダケ又はこれと同等の性質を有するものとすること。

     

    2
    菅草は、カサスゲ又はこれと同等の性質を有するものとすること。

  • ・作業風景

    作業風景

  • ・クローズアップ

    クローズアップ

概要

工芸品名 越中福岡の菅笠
よみがな えっちゅうふくおかのすげがさ
工芸品の分類 その他の工芸品
主な製品
主要製造地域 富山県/高岡市、砺波市、小矢部市、南砺市
指定年月日 平成29年11月30日

連絡先

■産地組合

越中福岡の菅笠振興会
〒939-0116
富山県高岡市福岡町下蓑255-1㈱ウエルカム福岡内
TEL: 0766-75-7874
FAX: 0766-75-7874

■関連展示場・施設

特徴

作り方

オンラインショッピング

7100874500163
その他の工芸品 香川県

丸亀うちわ

大万月 エビ

7100873400051
その他の工芸品 東京都

江戸切子

k-38 ワイングラス 赤

7100873300085
工芸材料・工芸用具 東京都

江戸からかみ

丸うちわ 青海波

7100874600054
その他の工芸品 山梨県

甲州手彫印章

銀行印 黒水牛 13.5mm丸×60mm丈

7100874600139
その他の工芸品 山梨県

甲州手彫印章

ロマの夢伝統工芸印鑑セット 紅色