オンラインショッピング
ONLINE SHOPPING
工芸品から探す:その他の工芸品
江戸木版画

江戸木版画

産地: 東京都

江戸木版画は、墨一色の版画の上に色を筆で彩色していくようになり、これらは丹絵、紅絵、漆絵として進歩してきましたが、色を板木で摺る工夫がなされ、二、三色の色摺版画(紅摺絵)ができました。さらに、明和2年(1765 年)には、金や銀まで摺り込み、中間色も木版で刷り上げることができるようになり、多色摺りのスタイルが確立されました。
江戸木版画の製造の技術・技法は江戸時代に確立し、その技術・技法は改良を重ねながら発展して今日まで継承され、東京都を中心として伝統的に製造されています。

工芸品について詳しくはこちら >

木工品・竹工品 東京都

江戸木版画

葛飾北斎「冨嶽三十六景(神奈川浪裏)」

¥13,000(税別)
その他の工芸品 東京都

江戸木版画

歌川広重「雀」

¥10,000(税別)
その他の工芸品 東京都

江戸木版画

歌川広重「月に雁」

¥9,000(税別)