オンラインショッピング
ONLINE SHOPPING
工芸品から探す:陶磁器
小代焼

小代焼

産地: 熊本県

寛永9年(1632年)細川忠利が豊前国から肥後国に転封となり、これに従った陶工源七(牝小路家初代)と八左衛門(葛城家初代)が焼物師を命じられ、小代焼を始めたといわれています。
その後天保7年(1836年)山奉行の瀬上林右衛門が藩の指令を受け、産業振興策のため瀬上窯を築き、小代焼の技法が受け継がれ、さらに野田家、近重家へと継承されて今日に至っています。

工芸品について詳しくはこちら >

陶磁器 熊本県

小代焼

瓢型花入

¥40,000(税別)