• Home
  • 最新情報
  • 「伝え手」が伝統的工芸品の楽しい使い方や産地のホットな情報を発信します
最新情報
WHAT'S NEW
Webサイト更新のお知らせ
2018/11/26(月)

「伝え手」が伝統的工芸品の楽しい使い方や産地のホットな情報を発信します

 一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会では、平成30年度より「伝統的工芸品伝え手育成事業」を開始しました。この事業では、伝統的工芸品の愛好者が、工芸品の楽しい使い方や産地の情報をSNSを活用して情報発信し、産地の応援団として活躍して頂くものです。

 

 この事業では、伝統的工芸品を学ぶ講座の他、産地視察もスタートしました。職人の技を見たり、お話を伺うほか製作体験にも挑戦。応援したい工芸品をより一層好きになって頂き、SNSで次々情報を発信いただいています。

 


 木曽漆器産地では、漆掻きを見せて頂きました。

秋になり樹液はあまり出ませんが、しばらく見ていると漆の樹液がジワリと出てきます。

 


 蒔絵の製作体験は、真剣です。仕上りが楽しみですね。