伝統工芸 青山スクエア

  • Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 有田焼入りガチャポン発売 伝統工芸士会、秋のまつり限定 「伝統の技をより身近に」
2017/11/20(月)

有田焼入りガチャポン発売 伝統工芸士会、秋のまつり限定 「伝統の技をより身近に」

 伊万里・有田焼伝統工芸士会は、有田焼の陶片をカプセルに入れた販売機「ガチャポン」を県陶磁器工業協同組合(有田町外尾町)に設置する。組合1階の展示コーナーを「職人舎」と命名したのに合わせて企画した。22~26日の「秋の有田陶磁器まつり」の期間限定で、1回500円。
 展示コーナーは3月に窯元ギャラリーと合わせ「arita mononosu(有田 物の巣)」としてオープン。JR有田駅から地下道経由で徒歩5分の場所にあり、有田焼の全てを知ることができる空間を目指している。
 「伝統の技をより身近に感じてもらおう」と展示コーナーに「職人舎」と名前をつけ、呼び水としてガチャポンを考案した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop