伝統工芸 青山スクエア

2017/11/20(月)

人間国宝15人の陶磁器作品並ぶ 磐田のミュージアム

 磐田市上野部のシルクロード・ミュージアムは来年2月28日まで、陶磁器の人間国宝15人の作品を集めた「人間国宝展」を開いている。
 釉薬を使わず、土の性質を生かし赤と黒の色を出した伊藤赤水氏の無名異焼のつぼや、金箔(きんぱく)を切り貼りして花や鳥を描いた吉田美統氏の九谷焼の大皿などが並ぶ。親子2代で人間国宝となった13、14代今泉今右衛門の花瓶や鉢も展示している。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop