伝統工芸 青山スクエア

  • Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 添田町でイタリア料理店を営むシェフによる料理を「小石原焼」のお皿に盛り付けて提供
2017/11/27(月)

添田町でイタリア料理店を営むシェフによる料理を「小石原焼」のお皿に盛り付けて提供

 JR九州は、日田彦山線で、バーカウンター付き観光列車「A列車で行こう」を運行するツアーを、12月21日に実施する。車内では地元食材を使った料理を提供し、観光関係者が沿線の魅力を紹介する。
 小倉(北九州市)-添田(福岡県添田町)を約4時間で1往復し、料金は大人1人9800円。窯元が被災した東峰村の伝統工芸品「小石原焼」の器に、添田町でイタリア料理店を営むシェフによる料理を盛り付けて提供する。土産物として器を持ち帰ることができる。朝倉市の木材で作った記念乗車券を、乗客全員にプレゼントする。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop