伝統工芸 青山スクエア

2017/12/26(火)

秩父銘仙~復活の絹市で思い出の着物販売

 埼玉県秩父市で、絹をテーマとしたイベント「秩父夜祭絹市」(めいせんマルシェ)が開かれた。「秩父夜祭」に合わせて、家のたんすや蔵に眠っていた着物を販売する「秩父おもいで市」や、伝統の絹織物「秩父銘仙」の展示会などが行われ、県内外から訪れた多くの観光客らでにぎわった。
 秩父地方では、かつて養蚕や絹織物の生産、取引が盛んで、「秩父夜祭」で大規模な絹市が開かれていた。秩父では現在も秩父銘仙の生産が行われており、市や県などが夜祭を盛り上げようと、絹市の復活を企画。昨年から開かれている。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop