伝統工芸 青山スクエア

2018/1/25(木)

信楽焼巨大タヌキ スノーマンに変身

 甲賀市信楽町の信楽高原鉄道信楽駅前に設置されている名物の巨大タヌキ(高さ5.3メートル)が24日、雪だるまをイメージした「スノーマン」姿に変身した。
 タヌキは信楽焼や観光をPRするため、四季やイベントに合わせて信楽町観光協会が“衣替え”を行っている。スノーマンの衣装は縦約4メートル、胴回り約7メートルの白い服に黒いボタンが付いており、首には赤いマフラーが巻かれている。頭には雪だるまっぽく、紺色の布バケツが載せられている。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop