伝統工芸 青山スクエア

2018/1/30(火)

富山の技 高野山に集結 空海に食事運ぶ「唐櫃」制作

 県内の木工や鋳物などの職人でつくる日本伝統職人技術文化研究会は、高野山(和歌山県)の弘法大師御廟に食事を運ぶ木箱「唐櫃」の制作に取り組んでいる。完成は来年4月の予定。海外から多くの旅行者が訪れる真言宗の聖地で、井波彫刻や高岡漆器などの伝統技術を集結し、富山が誇る職人技を世界に発信する。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop