2018/2/2(金)

奈良、三重、滋賀のモノづくりが集合! 新しい定番を目指す「TEIBAN展」が開催

■多彩なジャンルから40組の作り手が参加
 2018年2月8日(木)から2月11日(日) まで、東京・新宿の「新宿パークタワー1階 アトリウム」にて「TEIBAN展 Japan Classico 奈良・三重・滋賀」が開催されます。
 TEIBANは、その土地に根ざすモノづくりにスポットを当て新たな「定番」アイテムを生み出すことを目指すプロジェクト。奈良、三重、滋賀の3県でモノづくりに取り組むメーカーや工房、職人たちが参加し、共同のワークショップなどを行うことでブランド構築を目指しています。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop