伝統工芸 青山スクエア

2018/2/15(木)

「JIMOTO made series」シリーズ。地域に根ざした伝統工芸とのコラボ。

【墨田区「スターバックス アイスコーヒーグラス」】
 地方だけではなく、東京の「地元産」グッズもあります。 墨田区の一部店舗限定で販売されているのは、江戸切子の伝統技術が光る「アイスグラス」。こちらも一つひとつ、職人さんの手によって丁寧に仕上げられています。
 切子の紋様の涼しげな印象と、スターバックスの紙カップ側面を模したデザインがまさに粋!
【歴史と伝統、ブランド力の融合】
 この「JIMOTO made series」は現在、9つの地域で展開されています。いずれも、その地に受け継がれてきた技術を注ぎ込んで作られる、歴史と伝統を感じるアイテムばかり。
 確かにひとつひとつのお値段を見ると、気軽に買える……とは言えないかもしれません。でもその価格設定にこそ、各地に息づく伝統工芸の担い手の姿があり、それらを守り、広めようというブランドとしてのスターバックスの心意気が見えるような気がします。
 大好きなスタバで、今まで知らなかった各地の伝統工芸に出会う。それは、きっと新しい楽しみになるはず。次の旅先ではぜひ、スターバックスでこの「JIMOTO made series」をチェックしてみてください!

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop