伝統工芸 青山スクエア

2018/2/20(火)

唐津焼風絵付けせんべい 来月発売

 唐津焼の第十四代中里太郎右衛門さんが絵付けを指導し、唐津市二タ子の菓子製造業鶴丸修さんが作った「唐津陶片せんべい」が3月1日に発売される。太郎右衛門さんは「唐津の新しい土産物になればうれしい」と楽しみにしている。
 唐津の歴史まで味わえるようなせんべいを作りたいと考えていた鶴丸さんは昨年6月以降、太郎右衛門さんの工房に通い、唐津焼の陶片に描かれた文様を見ながら絵付けを習った。元々絵心があったわけではなく、試行錯誤しながら焼き物の雰囲気を感じさせるせんべい作りに成功した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop