2018/3/1(木)

橋本市のPRトラック完成 特産品や観光地…紀州へら竿のイラスト描く

 橋本市をPRしようと、特産の紀州へら竿(ざお)や柿などのイラストを描いた色鮮やかな大型トラックが完成し、同市東家の市保健福祉センター駐車場で28日、展示が始まった。11日まで。
 市などによると、市の魅力をトラックを使って全国にアピールしようと、同市の運送会社「カキウチ商事」の垣内憲一社長が市に提案。市がイラストを同社に提供して完成した。
 大型トラックには、市の特産品や観光地、市のマスコットキャラクター「はしぼう」などのイラストが描かれ、「どいらいええとこ和歌山県橋本市」などと記されている。3月中旬から関東・中国方面を走行する予定。
 垣内社長は「生まれも育ちも橋本。トラックで全国に橋本の魅力を伝えたい」。平木哲朗市長は「情報発信してくれて、本当にうれしい」と感謝の言葉を述べた。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop