• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 恋愛の新たなパワースポットに 大磯の鴫立庵に「虎女恋文」信楽焼ポスト設置
2018/3/2(金)

恋愛の新たなパワースポットに 大磯の鴫立庵に「虎女恋文」信楽焼ポスト設置

 俳諧道場「鴫立庵(しぎたつあん)」(大磯町大磯)に、新たな恋愛のパワースポットが誕生した。鎌倉時代の武士、曽我兄弟によるあだ討ちを描いた軍記物語「曽我物語」に着目し、曽我十郎の恋人の虎御前が愛を貫いたエピソードから「虎女恋文ポスト」を設置。若者にアピールして集客を図る狙いだ。
 物語では、大磯に住んでいた虎女は兄弟があだ討ちを果たして死んだ後、出家。諸国の霊場を巡りながら供養し、結婚することなく終生を過ごしたとされる。同庵に江戸時代にできた法虎堂には虎女の像が安置されている。
 この伝承から、「恋愛に御利益がある」としてラブレターを投函できる私設ポストを一月に設けた。信楽焼で高さ四十五センチ、直径二十センチの円筒形。恋人をイメージしたフクロウのつがいを飾りつけた。投函があると職員が郵便局に届け、同庵をかたどった消印を押してもらえる。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop