2018/3/5(月)

古武雄~魅力再認識する仕掛けを

 江戸時代に佐賀藩武雄領内で生産された陶磁器群「古武雄」に関する明るい話題が続いた。武雄市の青磁作家で重要無形文化財保持者(人間国宝)の中島宏さんが、約600点のコレクションを佐賀県に寄贈。武雄市観光協会は古武雄の祖といえる深海宗伝の顕彰事業に乗り出す。古武雄を再認識し、広く周知する契機にしたい。
 古武雄は17世紀前半から19世紀前半にかけて佐賀藩武雄領内で生産された陶磁器群。陶器は褐色の素地に白の化粧土を施し、緑釉(りょくゆう)や鉄釉で文様を描いたり彩色する点に特徴がある。象嵌(ぞうがん)や打ち刷毛目、釉のかけ流しなど、文様表現も多様だ。古唐津の流れをくむものの、唐津焼とは異なる意匠や技法もみられ、その独創性から価値が再評価されている。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop