伝統工芸 青山スクエア

2018/3/29(木)

唐津焼20作家の1000点並ぶ 佐賀市で「やきもん祭り」

 唐津焼陶芸家20人の作品を展示即売する「唐津やきもん祭りin Saga」=写真=が28日、佐賀市中の小路の佐賀玉屋6階催事場で始まり、茶陶や酒器、日用の器などを買い求める多くの焼き物ファンでにぎわっている。4月2日まで。
 唐津市中心街で開かれる唐津やきもん祭り(4月29日~5月5日)と「古唐津もうひとつの桃山」展(4月13日~5月13日、同市近代図書館)をPRしようと同祭り実行委員会が企画。佐賀市で規模の大きな唐津焼展示会が開かれるのは珍しいという。
 会場には十四代中里太郎右衛門さんたちベテランをはじめ、人気の中堅、若手陶芸家の作品約1000点が並んでおり、直径約10センチの統一サイズで、作家たちがさまざまな技法を使って作陶した豆皿もそろう。同祭りの坂本直樹実行委員長は「唐津焼に親しみを感じ、多くの人に唐津に訪れてもらえたら」と話していた。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop