伝統工芸 青山スクエア

2018/4/19(木)

「浅井長政の屋敷跡」から土塁 16世紀ごろの越前焼や信楽焼も発掘

 滋賀県長浜市の小谷城跡で、戦国時代の武将浅井長政やお市の方が住んだと伝わる区域から土塁や石積みの排水溝が見つかり、同市が18日発表した。今後の調査で屋敷の建物跡が見つかる可能性がある。
 屋敷跡は標高約140メートルの平地に位置し、広さは約2万平方メートル。高さ約2・5メートルの土塁のほか、幅と深さが約0・3メートルの排水溝が東西約2・5メートル以上にわたって見つかった。土塁付近からは16世紀ごろの越前焼や信楽焼、当時流通していた中国の北宋銭も出土した。
 屋敷には長政らが暮らしたとされるが、織田信長が1572年に攻め入った。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop