2018/4/26(木)

29日から唐津やきもん祭り 器使い食事、展示販売、名品鑑賞など多彩 [佐賀県]

 第7回唐津やきもん祭りが29日~5月5日、唐津市中心街で開かれる。呉服町商店街を中心に空き店舗を利用し、陶芸家自らが店頭に立って展示即売するほか「花と唐津焼」をテーマにしたイベントもある。市近代図書館美術ホールでは、古唐津の名品を一堂に集めた「古唐津 もうひとつの桃山」(西日本新聞社共催)が5月13日まで開かれている。
■40窯元が出店
 空き店舗やギャラリーを会場に、ベテランから新進気鋭の若手まで約40窯元がグループや個人で出店。唐津焼は、絵付けの文様や釉薬、器の形によって多彩な表情を見せるのが特徴で、おもてなし、普段使いの器と、さまざまな用途の器が並ぶ。陶芸家との焼き物談議も楽しめ、作品づくりへの思いに触れることができる。陶芸家と知り合いになって毎年訪ねてくる県外からのリピーターも多い。ふるさと会館アルピノホールでは、唐津焼協同組合8窯元の展示会と、ろくろの実演がある。
◇唐津やきもん祭りの問い合わせは、唐津観光協会=0955(74)3355。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop