2018/5/1(火)

富山)「平成の御車山」が完成披露 職人ら祝う 高岡

 富山県高岡市などの伝統工芸の技術を駆使した「平成の御車山」の完成披露式が4月30日、同市の高岡御車山会館であり、制作に携わった職人ら約50人が完成を祝った。
 平成の御車山は、高岡の金工や漆工、南砺市の井波彫刻などの技を後世に残そうと、江戸期以来初めて新たに作られた。2013年度に制作が始まり、総工費2億8千万円のうち約8千万円を市民らからの寄付でまかなった。
 山車の頂きには県西部・南砺市の井波彫刻で彫られ、2100枚の金ぱくが貼られた「ほうおう」が飾られているほか、車輪は漆で黒く塗られ、高岡市内の鋳物工房で作られたかたかごの花の金具が取り付けられるなど、随所に地元に伝わる伝統の技を見ることができます。
 30日、高岡市で開かれた完成式典には製作に携わった職人や市民など約100人が集まり、高さ7.8メートルのきらびやかな山車を盛んに写真におさめていました。
 高岡市の70代の女性は「新しい山車が完成するのを楽しみに来ました。高岡の宝だと思います」と話していました。
「平成の御車山」は、30日から高岡御車山会館で展示されています。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop