2018/5/7(月)

石見焼、皿やマグカップずらり 江津 /島根

 江津市後地町の石見焼窯元・石州嶋田窯で3日から5日まで恒例の「登り窯まつり」があった。今年が24回目。初日の3日は窯開きがあり、陶芸ファンらが窯から出したばかりの陶器を買い求めた。
 3代目の嶋田孝之さんや4代目の健太郎さんらが皿やマグカップなど約3000点を制作。4月25日から26日にかけて窯の前で食事を取りながらまきをたき、約1310度まで高めて焼き上げた。皿鉢を買った鳥取県米子市の医師、近藤亮さんは「嶋田窯の器は手になじみ、使いやすい」と話した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop