2018/5/11(金)

黒糖シーサーでPR 含みつ糖協がイベント

 沖縄県含みつ糖対策協議会(会長・島尻勝広県農林水産部長)は「黒糖の日」の10日、沖縄黒糖の消費拡大を図るイベントをサンエー那覇メインプレイスで開いた。会場には壺屋焼やちむん家の新垣光雄氏が制作した「黒糖シーサー」もお目見え。来場者らはステージの催しや試食、即売を楽しんでいた。
 協議会は9月6日の「黒の日」までを黒糖消費拡大キャンペーン期間とし、県黒砂糖協同組合のSNSなどで情報発信を強化する。今期の黒糖生産は2年連続で9千トンを超えた。県黒砂糖工業会の西村憲会長は「原料の生育がよく、いい品質の黒糖ができた」と語った。
 宜野湾市の上江洲貴子さんは「子どもが黒糖を食べる。熱中症対策やミネラル補給もできる」と話し、多良間と波照間の黒糖を購入した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop