2018/5/22(火)

越前焼“箔が付く” 金色に輝く薄作りの杯

 県の伝統工芸品の越前焼に金箔を施した酒器が、金沢市の大手金箔メーカーから発売された。越前焼工業協同組合(越前町)が開発に協力し、「薄作り」と呼ばれる独自の技術を用いた杯は厚さわずか約〇・五ミリ。金沢の金箔が上質な輝きを放つ逸品に仕上がっており、同組合では越前焼の魅力をさらにアピールする契機になればと期待している。
 金箔メーカーは「箔一」。越前焼をベースにした新製品は、「水面に映る月」をイメージして「水月」と名付けた。杯とつまみなどを入れる小付(ともに直径一〇センチ)、小杯(同八・五センチ)の三種類があり、杯は竜仙窯(越前町江波)の岩間竜仁さんがろくろ成形し、黒色の釉薬をかけて焼成。器の内側に、石川県内の職人が丁寧に金箔を貼り合わせた。土の素材やろくろ目を生かすため、金箔を貼るのに漆の接着剤を使っており、使い込むことほどに風合いが引き立つという。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop