2018/6/4(月)

伝統工芸作品展 作家集団の技を凝縮 博多区、5日まで展示販売/福岡

 博多人形や博多曲物などの作家集団「Nanairo 伝統工芸 Syoku」の作品展が、博多区のはかた伝統工芸館で始まった。5日まで。入場無料。
 「Nanairo--」は伝統の技術や工芸を後世に伝えるため、作品展開催など各方面で共に活動しようと結成。発起人は博多人形師の高野幸博さんで、高野さんの他、博多曲物の柴田玉樹さん、博多織手織り専門工房の木村佐次男さんとゆき子さん親子、博多織の古布で雑貨を手作りする女性4人のグループ「obiasobi」が加わっている。
 会場では、博多織の帯やブックカバー▽博多曲物の弁当箱▽残った杉材を使ったしおりや箸置きなどの小物▽博多織をさりげなくあしらったトートバッグやイヤリング--などを展示販売。高野さんは「Nanairoにはいろいろな色の作家や技という意味を込めた。私たちの昔ながらの手仕事の世界と新しい作品を見てほしい」と語った。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop