• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 「アートアクアリウム2018」東京&愛知&初の上海で2万匹の金魚が舞う “見上げる”新作も披露
2018/6/7(木)

「アートアクアリウム2018」東京&愛知&初の上海で2万匹の金魚が舞う “見上げる”新作も披露

“アート、デザイン、エンターテイメント”と“アクアリウム”が融合した水族アート展覧会「アートアクアリウム」の2018年開催が決定した。今年は江戸時代に金魚文化が花開いた日本橋(東京会場)を皮切りに、金魚の生産地として有名な愛知県(名古屋会場)、そして初めての開催となる、金魚の発祥の地・中国(上海会場)という、金魚のルーツをたどる3会場で展覧会を開催する。

◆合計約2万匹の金魚が会場内を舞い泳ぐ
「アートアクアリウム」は、和をモチーフにデザインされた芸術作品というべき美しい水槽の中を、日本の美のひとつともいえる金魚や錦鯉を中心とした数千匹の観賞魚が優雅に舞い泳ぎ、光・映像・音楽・香りなどの最新の演出技術と融合した、日本が世界に誇る水族アートの展覧会で、これまでに累計835万人を動員してきた。

◆東京では金魚を見上げて観賞する新感覚の作品も披露
東京・日本橋三井ホールで、7月6日(金)~9月24日(月・祝)まで開催される「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 ~江戸・金魚の涼~ & ナイトアクアリウム」では、コンセプトに「真の日本」を掲げ、約3,000匹の金魚が舞い泳ぐ「アートアクアリウム」史上最大の作品「超・花魁」や、地球をイメージした直径1.5mの球体の水槽の中を錦鯉が乱舞する作品「アースアクアリウム・ジャポニズム」をはじめ、金魚を見上げて観賞する新感覚の作品などの新作も多数登場。
展示作品は日本の美のひとつともいえる金魚や錦鯉を中心とした合計約8,000匹の観賞魚が日本的な作品の中を優雅に舞い泳ぎまわる。
また日によって、能や狂言、祇園の舞妓・芸妓による京舞、花魁の舞など、日本の伝統芸能や国内外で話題のDJ プレイやジャズバンドのライブなど、普段は見ることができないスペシャルステージも多数開催される。

◆4年ぶりの名古屋でパワーアップ開催
実に4年ぶりとなる名古屋開催となる「東海テレビ開局60周年記念 アートアクアリウム展 ~名古屋・金魚の雅~」では、「大奥」や「キモノリウム」などの人気作品が松坂屋美術館に東海地方初登場。
7月21日(土)~9月16日(日)の期間、江戸を象徴する“大奥”を表現した、幅約3mにわたる複合作品「大奥」や、京都の伝統工芸品である“京友禅”の最高峰のきものを水槽に埋め込み、金魚と3Dプロジェクションマッピングで着物の柄を表現した「キモノリウム」など、人気作品の数々が展観される。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop