伝統工芸 青山スクエア

2018/6/8(金)

房州うちわ 柔らかに「涼」呼ぶ 千葉・南房総

 本格的な夏を前に千葉県南房総市の「うやま工房」では「房州うちわ」の製作が最盛期を迎えている。房州うちわは直径1・5センチほどの女竹の先端を48以上に細かく裂いて、和紙や布を張って作りあげる。
 名人と呼ばれた宇山正男さんが昨年9月に他界。長女のまゆみさんと弟子の石山好美さんが跡を継いだ。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop