伝統工芸 青山スクエア

  • Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 英国で唐津焼紹介 中里太郎右衛門さんが講演 篠笛奏者佐藤さんの曳山囃子披露も [佐賀県]
2018/6/21(木)

英国で唐津焼紹介 中里太郎右衛門さんが講演 篠笛奏者佐藤さんの曳山囃子披露も [佐賀県]

 唐津焼窯元の十四代中里太郎右衛門さんが今月、英南部ウィンチェスターで市民向けの講演会を開き、400年以上の歴史がある唐津焼の魅力を紹介した。唐津市出身の篠笛奏者、佐藤和哉さんも同行し、唐津くんちの曳山囃子を演奏するなど伝統文化に親しんでもらった。
 中里さんが昨年、ウィンチェスター出身の25歳の男性研修生を8カ月間、陶房で受け入れたのが縁で、研修生の実家が講演会開催の準備を引き受けた。ウィンチェスターは、かつてイングランドの首都だった古都で、いまも中世の面影を感じさせるレンガ造りの町並みが残る。伝統文化に対する市民の関心は高く、6日の講演会にはホールの席数を上回る200人もの市民が、日本の焼き物について理解を深めようと詰めかけた。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop