伝統工芸 青山スクエア

2018/7/9(月)

井波彫刻を鳴子に 南砺・富山のよさこいチームが製作体験

 南砺市の井波彫刻協同組合(藤崎秀平理事長)は8日、同市北川のいなみ木彫りの里で、市内外のよさこいチームのメンバーを対象に演舞で使う楽器「鳴子」に井波彫刻を施す制作体験会を開いた。今月29日に井波地域で開かれる太子伝観光祭で披露する演舞に活用してもらう。
 同組合は彫刻の町・井波が日本遺産に認定されたことを記念し、「鳴子プロジェクト」をスタートさせた。今回はプロジェクトの第1弾で、南砺、富山両市内3組のよさこいチームから約30人が参加。同組合の理事から指導を受け、動物や花といった思い思いの柄を彫刻刀で鳴子に刻み、色を塗って仕上げた。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop