伝統工芸 青山スクエア

2018/7/30(月)

カラフル幾何学模様、職人技の陶器ずらり 京都で展示販売

 京都の職人が作った焼き物などを展示販売する「七本松陶器市」が27日、京都市下京区の京都リサーチパーク(KRP)で始まった。現代的なデザインの食器やアクセサリーが並び、来場者がお気に入りの品を買い求めていた。
 KRPは、新たな事業やライフスタイルの創出を目指す約60の催しを集めた「KRP-WEEK」を30日から1週間開く。陶器市はそのプレイベントとして開催され、主に京都の職人や作家が35店を出した。
 会場では、カラフルな幾何学模様の器や、愛らしい動物を絵付けした湯飲みのほか、西陣織金襴の織元が作った小物入れなどを販売。職人による手拭い染めの実演とワークショップもあり、買い物客が足を止めて見入っていた。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop