伝統工芸 青山スクエア

2018/8/27(月)

夏の甲子園、戦前の白磁製メダル 京都市考古資料館で展示

 1938年に行われた全国中等学校優勝野球大会(現全国高校野球選手権)で、選手らに贈られた参加記念のメダルが、京都市上京区の市考古資料館で展示されている。
 直径6・9センチ、厚さ1センチの白磁製。市埋蔵文化財研究所が京焼の浅見五郎助窯跡(東山区)で行った発掘調査で見つかった。この窯で焼かれたものとみられるという。
 メダルの表面には天使がボールを持ち、グローブをはめて羽ばたく姿を描く。戦闘機なども刻まれ、戦意高揚を図ろうとした当時の雰囲気も感じさせる。入場無料。展示は31日まで。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop