2018/9/6(木)

和装の商慣行、改善を議論 京都できものサミット

 全国の和装関係者が集まり、着物産業の振興策について話し合う「きものサミットin京都2018」(同開催委員会主催)が5日、京都市で開かれた。京都での開催は9年ぶり。関係者400人以上が出席し、製造や流通、小売りのサプライチェーン(商品の仕入れ・供給網)全体で商慣行を改善する方針を打ち出したほか、成人年齢の引き下げに伴う成人式のあり方などについて意見を交換。サミット宣言を採択し、閉会した。
 商慣行改善を考えるパネル討論は、着物産地や流通、小売りの各団体などの4人が参加。サプライチェーン全体で着物産地への利益配分を増やすことや、すべての取引の書面化、不適切な業者との取引自粛など、5項目の取り組みを確認した。
 討論では、経済産業省の和装振興協議会が商慣行の改善を促す指針を策定した昨年5月以降、各団体が進めてきた取り組みや今後の課題を発表した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop