伝統工芸 青山スクエア

2018/9/7(金)

伝統加賀友禅工芸展が開幕

 第40回伝統加賀友禅工芸展(北國新聞社後援)は6日、金沢市の石川県立美術館で始まり、作家が現代的な感性を生かして制作した着物44点、帯13点を披露した。
 金賞に選ばれた金沢市の菊田宏幸さんの訪問着「富嶽(ふがく)青富士」は、そびえ立つ富士山を大胆に描いた意欲作で来場者の注目を集めた。40回を記念し、歴代の受賞作品35点と物故会員の作品7点も展示された。
 10日までで、会期中は毎日、午後1時半から作品解説が行われる。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop