伝統工芸 青山スクエア

2018/9/10(月)

ラグビーW杯  美濃焼の記念酒器を製作 20日から販売

 来秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を記念して、静岡県裾野市の酒小売7業者でつくる「市もののふの里銘酒会」(江森甲二会長)は、ラグビーボール型のとっくりと、富士山型の台座がセットになった酒器を製作した。裾野産原料で作った地酒・地焼酎とセットで20日に販売を始める。
 とっくりのふたは、テーブルに置くと倒れてしまう「可杯(べくはい)」になっている。富士山型の台座は、とっくりや可杯を置くことができる。いずれも美濃焼で、とっくりには希望する4桁のシリアルナンバーを入れられる。番号の希望は先着順となる。
 デザインは江森会長が手がけた。こだわりは裾野から見た宝永火口が正面に見えることといい、江森会長は「ディスカウント店の台頭もあり、小売店は地元色ある製品の開発が不可欠。酒器でラグビーを一緒に盛り上げたい。富士山のふもとの裾野市もPRできたら」としている。
 地元産の原料を使った日本酒「もののふ」や茶焼酎「三七七六」などとセットで4000円前後。銘酒会の9店舗で購入できる。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop