2018/9/10(月)

西陣織支える知的障害者 工房開所15年、10業者から受注

 「ガッシャン、ガッシャン」-。3階建てビルの中から、機織りの音がリズム良く響いてくる。慣れた手つきで布を織り上げるのは、京都市北区の就労継続支援事業所「西陣工房」で働く知的障害のある人たち。工房は開所から今年で15年目を迎え、「福祉から地場産業を支える」という目標に向かって着実に歩を進めている。
 工房ができたのは2004年9月。西陣織の工程の一つで経糸を整える「整経」を行う家で育ち、京都市内の福祉施設で長く働いていた河合隆施設長が、西陣織と福祉をつなげられないかと考え、立ち上げた。
 はじめは知的障害のある3人で組みひもの生産からスタート。2007年には修学旅行生や観光客に、工房で働く人が組みひも作りを指導する体験教室を始め、今では年間に約700人が工房を訪れる。その後、糸繰り機や複雑な文様を織れる「ジャカード機」を順次導入し、本格的な西陣織の技術習得に乗り出した。
 中村賢太郎さんは、工房に通い始めて2年目。今年8月から、手織りできるジャカード機を使って作業を始めた。正絹の糸を機械に通し、美しい紋を織り上げていく。「手で織るのは楽しい」と、笑顔を見せる。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop