2018/10/25(木)

作り手と言葉を交わせる、情緒あふれる金沢の町家。

ものづくりに触れる金沢の旅。
北陸新幹線の開通以降、伝統と革新が共存する場所として国内外からますます熱い視線を集める金沢。なかでも工芸をはじめとする“ものづくり”は、ほかの都市にない成熟と発展がパワフルに進みつつある。この短期連載では、周辺のエリアを含めて独自の進化を遂げる“ものづくりの街”金沢の魅力を、4つの切り口から紹介したい。

ものづくりに触れる金沢の旅。#02 ワークショップで、オリジナルな九谷焼を手に入れる。
第1回は、リノベーションした町家にアトリエ兼ショップを構える作り手たちにフォーカス。藩政時代から1950年までに建築された町家は、まさに金沢の財産。近年ではリノベーションや町家にまつわるイベントも活発だ。歴史ある風情が楽しめて、作り手本人から話を聞くことができる町家のアトリエ。今回は単なるショップ巡りに留まらない、金沢ならではの旅体験がかなう3軒を紹介する。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop