伝統工芸 青山スクエア

2018/10/29(月)

秋空の下、そぞろ歩き おかげ横丁で「きもの日和」

 伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁で27日、着物を着てそぞろ歩きを楽しむ「横丁きもの日和」が2日間の日程で始まった。伊勢木綿や松阪木綿を中心に100着以上をレンタルでき、生け花や和装小物作りを体験できる。
 神様の衣替えと言われる伊勢神宮の神御衣祭(かんみそさい)に合わせたイベント。普段着る機会が少ない着物に袖を通してもらおうと毎年開催している。着物のレンタル料は4000円(持参の場合は1000円)。大黒ホールで貸し出し、受付は午後3時まで。
 「プロに教わる着付け体験」は午後2時から。参加料は500円。「ミニ華道体験」は午前11時、午後1時半、3時の3回あり、料金は1000円。また、伊勢木綿の反物市を開くほか、松阪木綿の機織りや伊賀くみひもなど、和装小物作りを体験できる。
 担当者は「空気が澄み渡る秋空の下、着物を着て横丁内を散策してほしい」と参加を呼び掛けている。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop