伝統工芸 青山スクエア

2018/11/16(金)

晩秋の装い山肌パッチワーク 丹波焼の里 兵庫・篠山

 日本六古窯の一つ「丹波焼」で知られる兵庫県篠山市今田町はこの時期、もう一つの魅力に包まれる。周囲の山では、点在するクヌギやナラなどの落葉広葉樹が色づき、パッチワークのように彩られる。白壁といぶし銀の瓦屋根が特徴の兵庫陶芸美術館周辺はとりわけ華やかだ。
 江戸期から続く窯元で伝統工芸士の大上巧さんによると、一帯は岩山でやせた土のため、木材として価値のあるスギやヒノキなどの植林ができなかったという。「結果的にはそれが幸いし、ここならではの景観を形作っている。一年で最も好きな季節です」
 同館からは窯元群も眺められる。兵庫陶芸美術館TEL079・597・3961

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop