伝統工芸 青山スクエア

2018/12/7(金)

来年は亥年 置物作り最盛期 高山・一位一刀彫

 岐阜県高山市初田町の鈴木彫刻店で、飛騨地方を代表する伝統工芸「一位一刀彫」による来年の干支の「亥」にちなんだ、イノシシの置物づくりが最盛期を迎えている。工房では、店主の鈴木英之さんと息子の雄大さんが一心不乱にノミを振るい、1体ずつ丁寧に彫り上げている。
 一位一刀彫は、イチイの木目を生かし、彫り跡を残すのが特徴。彫刻の大きさにより30~40種類のノミを使い分け、手作業で彫り上げる。同じ作者の作品でも、少しずつ表情に違いがあり、毎年訪れて買い求めるお客さんも多い。時間をかけて一つずつ表情を見比べ、お気に入りの1体を選んでいくという。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop