2019/2/1(金)

甲州印伝の普及に尽力 「印傳屋」上原勇七氏死去

 鹿皮にうるしで模様を施す山梨県の伝統工芸品「甲州印伝」の代表的なブランド「印傳屋 上原勇七」会長で、甲府商工会議所の元会頭、上原勇七氏が31日未明、甲府市内の病院で死去した。85歳だった。
 上原氏は天正10年に創業した印傳屋の13代目。同社の東京・青山への出店を果たすなど、社業の拡大や県外進出を推進した。
 業界のリーダー役として製造技術を同業者に提供するなど、甲州印伝の品質向上や普及にも尽力した。平成19年11月から6年間、甲府商議所の会頭を務めた。
 関係者によると、年明けに体調を崩し、今月18日から入院していたという。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop