伝統工芸 青山スクエア

2019/2/14(木)

全国から注文殺到、アイデア人形「かぐやびな」 兵庫・上郡で制作ピーク

 3月3日の桃の節句に向け、寄り添うめおとびなを竹筒の中に飾り付けた「かぐやびな」の制作が、兵庫県上郡町の工房でピークを迎えている。平成元年生まれのアイデア人形に全国から注文が舞い込む。
 販売する「まつい工芸社」の松井宏司代表は、人間国宝の竹工芸作家に師事した経歴を持つ。1989年、かぐや姫の物語にヒントを得て、竹筒を用いたひな人形を考案した。
 高さ20センチで斜めに切った直径12センチのモウソウチクは樹脂塗装が施され、内側が金色に輝く。人形にはあでやかな京友禅和紙を着せ、顔は筆で細かく手書きしている。
 今月末までに千個を作るという。松井代表は「えりすぐりの竹を使い、一目見た時の春らしさを大切に仕上げている」と力を込める。5800円(送料別)。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop