伝統工芸 青山スクエア

2019/3/1(金)

期間限定「船場のおひなさま」 絢爛豪華な桃の節句は必見です

 昔から、大阪は商人の町といわれる。特に船場はその中心で、江戸から昭和初期の頃まで大阪を代表する商店が軒を連ね、華やかな活気にあふれていた。そのような時代に作られた絢爛豪華なひな人形が、2月26日から3月3日まで一般公開されている。会場は船場地域に点在しており、今年は9つの家に代々伝わるひな人形を8会場で展示。うち4会場を巡ってきた。
 今回のおすすめは「尾嵜家のお雛さま」。1990年11月の今上天皇「即位の礼」を模して作られた立ち雛だ。塩昆布や佃煮の老舗で知られる神宗・淀屋橋本店の入口に飾られている。
 おひな様は十二単。お内裏様の束帯の色は「黄櫨染」と言い、天皇陛下のみに許されたお召し物の色だ。ちなみに店内では期間中「塩昆布煮汁ソフトクリーム」を税込300円で販売。老舗の味をすっきりと味わってみたい。
 レトロモダンな建物が目を引く芝川ビル。4階会場に入った途端、紐毛氈の朱色が迫ってくる。壁一面に3つのひな壇が組まれた「芝川家のお雛さま」の特徴は、小物類が多いこと。おままごと用だろうか、ミニチュアサイズの食器類も多数そろえてあり、よく見ると有田焼などの有名な窯元のもの。目玉は、今回限りの展示という芝川照吉氏のコレクション。浅草雛や相生雛、琉球雛に舟雛など、価値ある珍しい日本各地の民芸・工芸のひな人形類は点数もあり、かなりの見ごたえだ。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop